大学情報
第三者評価適格認定

認定


 愛知学泉短期大学は、令和2年度受審の認証評価の結果、自らの掲げる教育理念の実現及び教育目標の達成に向けた進捗について評価基準を満たしていると認定されました。

 学校教育法の一部改正により、平成16年度から大学並びに短期大学は、7年間に一度、文部科学大臣の認証を受けた認証評価機関による評価(認証評価)を受けることが義務づけられました。本学では、一般財団法人 大学・短期大学基準協会による2020年度認証評価(3回目)を受け、 その結果、基準Ⅰ(建学の精神と教育の効果)、同Ⅱ(教育課程と学生支援)、同Ⅲ(教育資源と財的資源)、同Ⅳ(リーダーシップとガバナンス)の全ての評価において「適格」であると認定されました。
 明治45(1912)年の創立以来、建学の精神の実践を通して、創立者が目指した経済的・政治的・文化的に自立できる社会人を育成することによって、地域と国際社会に貢献することを目的に教育の内容とその改善に教職員が一体となって取り組んでいる姿勢及び学生に対するきめ細やかな支援が行われている点などが評価されました。本学は今後も更なる教育の充実に向けて、自己点検の評価による教育の質保証に全力で取り組んでまいります。

※評価結果の詳細については財団法人 大学・短期大学基準協会のWebサイトに掲載されています

page top