愛知学泉大学

家政学部 家政学科 管理栄養士専攻 めざす進路

産・官・学連携の経験や研究室での活動など職場で活かせる経験が将来を支えます。

管理栄養士の活躍の場は、病院や介護施設や保健所などの行政施設、また、民間企業の食品研究・開発部門などと多岐にわたります。就職後も学ぶことが多い分野ですが、管理栄養士専攻で得られた知識と経験、教員や仲間との数多くの繋がりが未来の糧となります。
  • 医療施設・病院
  • 老人保健施設
  • 保育・福祉施設
  • 小・中学校教員(栄養教諭)
  • 食品開発企業(商品開発・品質管理)
  • 委託給食会社(献立作成・栄養指導)
  • ドラッグストア
  • 保健所・保健センター
  • 大学・大学院などの研究所
病院(医療施設)
病院(医療施設)

仕事内容入院、外来患者の栄養管理・栄養相談、治療食の調理・指導、栄養アセスメント(栄養評価)など。

病院の管理栄養士は、病気の治療、再発防止、合併症予防をめざし、患者さんの食事や栄養の管理、栄養指導を行います。生活習慣病や介護高齢者の増加など、病弱者の栄養や食事などの管理を必要とする人へ、医療における栄養の専門家として、高度な知識や技術が求められる職域です。また、「疾病者に対する療養のため必要な栄養の指導」を行うことが重要な業務となります。患者さんへの栄養アセスメント(栄養評価)やプランニング(栄養改善のための計画)、モニタリング(計画どおりに栄養改善を実施しているかの観察)と、患者さんそれぞれに合った栄養管理・食事管理が要求され、臨床分野で医師や他医療職の一員(チーム医療)として、その結果が求められる職域です。
福祉(高齢者・心身障害・乳幼児保育所等施設)
福祉(高齢者・心身障害・乳幼児保育所等施設)

仕事内容利用者の個別栄養管理、栄養指導、食教育、給食管理、食形態の開発、摂食障害者への摂食訓練、調査・研究。

老人福祉施設の管理栄養士は、高齢者の栄養状態の把握、栄養アセスメント(栄養評価)、栄養療法計画という一連の栄養管理サービスを行い、医師を中心とした医療スタッフとの症例検討会に参加できる資質を持つことが要求され、より専門性が必要です。特に、個人差の大きい障がい者においても、同様な栄養療法も行います。また、児童施設の管理栄養士は、児童の栄養状態の改善および心の健康と食という観点から、食教育(食育)の知識も必要となる職域です。
学校健康教育(小・中学校(栄養教諭)、教育委員会)
学校健康教育(小・中学校(栄養教諭)、教育委員会)

仕事内容学校給食管理、栄養管理、給食の指導、食教育、衛生管理、家庭・地域との連携、調査・統計。

主に幼稚園・小・中学校(特殊教育諸学校を含む)および夜間定時制高校に勤務し、給食管理、食教育(食育)を行います。その他、国・都道府県・市町村教育委員会に勤務して、各学校へ指導を行います。学校給食を通して、正しい食事の摂り方の指導、教科や特別活動における指導、さらに食生活の改善や食物アレルギーへの個別的な指導など、食に関するカウンセラーとしての役割、また、学校・地域・家庭を含めた連携・調整を行います。
行政(保健所、市町村保健センター)
行政(保健所、市町村保健センター)

仕事内容健康・栄養調査、給食施設指導、健康展、健康情報と提供、食生活改善グループの育成、地域住民の栄養相談・指導。

行政の管理栄養士は、地域の実情に合わせた都道府県計画や市町村計画の策定と、その実現に向けた行動計画に沿って、健康教育・栄養相談、食環境整備などの公衆栄養活動を行います。また、「食事バランスガイド」や「エクササイズガイド2013」を活用して、地域住民が健康づくりをもっと身近で手軽なものに考えてもらえるよう普及啓発をします。地域の健康づくり実現に向け、地域住民や関係機関・団体とのコミュニケーションを重視し、一人ひとりが「食を通して自分の健康を考える」というサポートを、幅広い視点から行います。
集団健康管理(事業所、寮、スポーツ施設)
集団健康管理(事業所、寮、スポーツ施設)

仕事内容給食業務、中高年労働者の健康管理、生活習慣予防の食事指導、人事・経営等のマネジメント。

事業所、寮などの管理栄養士は産業給食施設や企業の健康管理部門などで給食管理、栄養管理、栄養指導を通して、働く人の健康管理をサポートします。また、学生食堂や学生寮、スポーツ施設、フィットネスクラブなどに勤務し、栄養指導、給食の運営、経営管理を行います。
ドラッグストア
ドラッグストア

仕事内容近年、ドラッグストア(薬局)でも管理栄養士を採用しており、生活習慣病対策として食生活のアドバイスや栄養相談を実施し「身近な栄養士」として活躍している。 薬局の管理栄養士は、すでに病気になってしまった方を相手にする“病院”や、年齢が高く疾病発生率の高い方々を相手にする“老人施設”と違い、健常者の方々相手にするのも大きな特徴です。地域の方々の病気を予防すること(1次予防)が、今後のドラッグストアでの職域です。

研究・教育(食品開発・研究機関、大学)
研究・教育(食品開発・研究機関、大学)

仕事内容研究機関、大学、企業の研究室で調査、実験、品質管理、商品開発。

食品会社の管理栄養士は、新しい製品を企画・開発、品質の管理、食品の安全を守る業務をします。また、管理栄養士養成施設における管理栄養士は、教員として「基礎栄養学」、「臨床栄養学」、「公衆栄養学」、「栄養教育」、「給食経営管理」、「調理学」等の教育、および調理師、介護福祉士、看護師等の養成機関で「栄養学」、「食品学」について教育をします。この分野の管理栄養士・栄養士は、健康づくりに貢献する栄養学の実践活動につながりを持った研究と、21世紀の保健・医療・福祉の分野で栄養と食生活の専門職を育てることを目標とした教育研究活動を行います。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.