愛知学泉大学

家政学部 家政学科 管理栄養士専攻 授業紹介

生化学実験T・U
生化学実験 I・II
体内では消化・吸収、エネルギー生産など無数の化学反応が起こっています。血液中の糖質、タンパク質、ミネラル成分などを測定実験を通し化学反応を理解します。また、実験の基礎的な手法、器具・機器の選び方、試薬の調整法などを修得します。2年次には栄養素や血液の実験を行い、さらに知識を深めます。
基礎栄養学T・応用栄養学T
基礎栄養学T・応用栄養学T
基礎栄養学では、健康の保持・増進、疾病の予防・治療における栄養素の役割を理解し、摂取した栄養素が体内でどのように消化、吸収、代謝、排泄されるかを学びます。応用栄養学では、妊娠期・授乳期・新生児期・乳児期の身体状況や栄養状態の変化について学び、それらに応じた栄養管理の考え方を修得します。
食品衛生学実験
食品衛生学実験
管理栄養士として「食の安全・安心」確保は最も重要な課題です。食品衛生学で学ぶ『食品衛生法』や食中毒の予防、添加物の役割などの知識を活かして実験を行います。食品中の大腸菌群の検査や食品添加物のカラメル色素や発色剤など検査を通して科学的に理解を深めることと実験手法の修得を目標とします。
在宅栄養管理実習
在宅栄養管理実習
高齢者の死因の第二位が「誤嚥性肺炎」となっている今、管理栄養士に求められる要介護者の栄養や嚥下の状態に応じた介護食の献立作成と調理の方法、在宅での自立を支援するスキルを身につけます。
食品加工学実験
食品加工学実験
果実・野菜・乳・魚肉などのさまざまな加工食品の作成を通し、加工や保存の方法を学びます。それぞれの加工食品について、加工原理を理解し応用力を養うとともに、使用する器具や装置に慣れることも目的とします。また、加工食品の表示に対しても意識し、活用することが目的です。
給食経営管理実習
給食経営管理実習
給食施設において衛生管理、大量調理の技術のほか献立作成を学びます。さまざまな対象者の栄養基準に対応した献立作成及び治療食の食材発注、検収、大量調理、供食、評価などを行います。また、大量調理を行うため、他の学生とのコミュニケーション能力が必要となり、発信力、情況把握力を身につけます。
公衆衛生学
公衆衛生学
人を集団としてとらえ、疫学の理解を深め健康管理・増進を考えます。保健統計をもとに、生活習慣病、少子高齢化、主要死因などを理解。予防医学や最新の医学について学び科学的根拠をもとに予防対策を考察します。
臨床総合演習
臨床総合演習
チーム医療に欠かせない各病態別の発症原因を理解し、栄養ケア・マネジメント及び栄養教育・指導プログラム作成する力を、内分泌・消化器系・循環器系疾病を取り上げ、実践的に学びます。
臨地実習について
管理栄養士が活躍する、臨床栄養実習(病院)、行政栄養実習(保健所・保健センターなど)、給食経営管理(学校・企業・福祉施設の給食センターなど)のそれぞれで実践し、栄養管理業務の習得をめざします。
臨床総合演習
臨地実習について
食品糖質交換表ver.2 ダウンロード
食品の糖質をカーボ(=糖質10g)という単位で交換し、毎食の糖質量を一定にすることが簡単に実行できる岡崎市民病院と愛知学泉大学オリジナルのツールです。血糖値を安定させるために糖質の調整が必要な方はご利用ください。 なお、「糖質・カーボ早見表」が岡崎市民病院ホームページの「医療技術局-栄養管理室-栄養食事指導」からダウンロード可能ですので、外食や嗜好品などのカーボ数はそちらでご確認ください。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.