家政学部 ライフスタイル学科

家政学部 ライフスタイル学科

ライフスタイル学科の特徴

「新しい暮らしを提案する」ための3つの領域

「新しい暮らしを提案する」ための3つの領域
ライフスタイル学科では、「新しい暮らしを提案する」ための3つの領域を設定。ビジネスやサブカルチャーなどの視点から地域活性を考える「ビジネス・地域活性」の領域、ファッション、インテリア、デジタルデザインなどを学べる「空間・情報デザイン」の領域、「食」に関する幅広い知識や技能を身につける「食開発・マネジメント」の3領域です。3領域から広く自分の興味に合った授業を選択したり、希望の進路に近い領域の中で専門性を高めることも可能です。学べる3つの分野

広く多彩な進路をめざせる

広く多彩な進路をめざせる
ライフスタイル学科でめざせる進路は多岐にわたります。アパレルやファッション業界、インテリア・ハウスメーカー、デザイン会社やIT関連企業、食品・外食産業、観光業、行政、サービス業、一般企業の営業や企画など、「新しい暮らしの提案者」として活躍できる分野は時代とともに広がっています。ライフスタイル学科で新たに取得可能となる資格「商品プランナー」、「インテリアコーディネーター」、「商品装飾展示士」なども希望の進路実現を後押します。

地域社会とつながる「スタジオ」

地域社会とつながる「スタジオ」
3年次に1年間を通して行う「スタジオ」は、学生たちがそれまでに3つの領域で身につけた知識や技能を発揮して、地域社会や企業とコラボレーションし、新たな企画・提案・情報配信を行う「体験型授業」です。ファッションやインテリアに関する新しいアイディアを提案したり、食の創造に取り組んだり、地域活性やまちづくりイベントの開催など、さまざまなプロジェクトを実践します。試行錯誤しながら地域社会、企業、ショップなどの課題解決に取り組む中で、失敗や成功、達成感などを学生たちが実感できる「場」です。

「家庭科教員への道」をバックアップ

「家庭科教員への道」をバックアップ
ライフスタイル学科では、中学校教諭一種免許状(家庭)と高等学校教諭一種免許状(家庭)を取得することができます。長期的な学習計画のもと、教員採用試験に合格できるよう全力でサポートしています。一次試験における筆記試験対策はもちろん、二次試験で行われる小論文対策や被服・調理の実技試験対策、繰り返し行われる面接対策など、様々な形で実施しています。また週に一度、先生と学生で自主的に行われる勉強会や情報交換なども、「合格する」という意識継続のきっかけづくりになっています。

page top