家政学部 こどもの生活学科

家政学部 こどもの生活学科

こどもの生活学科の特徴

3つの免許・資格の同時取得も可能!

「新しい暮らしを提案する」ための3つの領域
こどもの生活学科では、0歳から18歳までの子どもの成長や発達に加え、少子化や核家族、グローバル化などの日々変化する社会環境も学びます。また、豊富な実習活動によって、子どもを取り巻く環境を理解し、それに寄りそった教育や保育を実践。小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、の3つの免許・資格によって幅広い進路選択を実現します。学べる3つの分野

時代を見据え、多彩な能力を伸ばすカリキュラム

広く多彩な進路をめざせる
こどもの生活学科では、これからの時代が求める先生・保育士の能力向上をめざし、多彩なカリキュラムを用意。プラスαの専門性を身につけることで、強みを持った先生・保育士を養成します。新しく始まる「学泉アカデミー」は、アート、音楽、レクリエーションなど得意な分野を伸ばせる内容となっており、表現力豊かな先生・保育士を養成します。

地域での実践活動

地域社会とつながる「スタジオ」
近隣の小学校や保育所・幼稚園、子育て支援センターなどの協力のもと、学生たちが授業の補助や読み聞かせなどに取り組みます。特に愛知学泉大学「独自」のプログラム「エクスターンシップ」では、岡崎市内の小学校にて週1回、授業のサポートなどのボランティアを行います。この経験はその後の教育実習で活かされ、また教員採用試験における面接での自信にもつながります。

1年次から取り組む教員採用試験

「家庭科教員への道」をバックアップ
小学校教諭、幼稚園教諭、保育士をめざす学生のため、1年次から「公務員対策講座」や「小学校教師塾」など、4年間にわたるきめ細かな各種対策講座で採用試験をサポートします。
主な対策プログラム
  • 【1・2年次】教養対策、小学校教師塾
  • 【3年次】小学校・幼稚園・保育所など分野別対策、小学校教師塾
  • 【4年次】面接対策、小論文対策、小学校教師塾

page top