在学生の方へ
教務課情報 緊急時における取り扱い
【緊急時における授業・試験について】
台風等により、次にあげる気象警報が発令された場合の授業及び試験の有無については次の基準になります。

・尾張東部・尾張西部・知多地域・西三河南部・西三河北西部のいずれかに「暴風警報」が発令された場合

・西三河南部に「暴風特別警報」「大雨特別警報」が発令された場合
(注意報の場合は平常通り授業・試験を行う)

警報解除時刻 授業・試験開始講時
午前7時まで(7時含まない)に解除 1時限目より開講
午前7時以降(7時含む)
午前8時まで(8時含まない)に解除
2時限目より開講
※10:10からの実験・実習は開講
午前8時以降(8時含む)
午前10時(10時含まない)までに解除
3時限目より開講
午前10時まで(10時含まない)に解除されない場合 終日休講
登校中・登校後に発令された場合 発令以降は休講
☆学生本人の居住地域に特別警報が発令された場合は、安全を最優先に考えて行動してください。通学が困難で欠席した場合は、 後日すみやかに教務課に欠席届を提出してください。特別警報により欠席した場合の措置については、個々の状況により柔軟に対応します。

地震発生時の対応

page top