キャンパスで見つけた面白いこと珍しいことさりげないことを不定期に取り上げていきます。

学生インタビュー(生活デザイン~韓国留学中~)

マナブとイズミ

こんにちは!イズミです。今回のゲストは現在、韓国・烏山大学へ交換留学中の りなさんです。烏山大学が夏休みに入って一時帰国しているそうです。気になる留学生活についていろいろ聞いてみたいと思います!

第15回目のゲストは…
生活デザイン総合学科2年生 りなさんです!(写真向かって左)

※右に写っているのは、短期語学研修プログラムで来日中の烏山大学の学生です。韓国で仲良しな2人が日本で再会し「なんか変な感じだね」と話していました。

日本には5か月振りぐらいに帰ってきたのかな?今、どんな気持ちですか?


ずっと韓国語で話していたので、日本語が出てきません! ホームシックになる時もあったのですが、日本に帰ってきたら韓国に帰りたくなりました(笑)。

韓国での生活はどうですか?

興味深いことばかりで毎日が充実しています。何をしていても楽しいです!
行く前は不安もありましたが、行ってからはあまり考えずに勢いで取り組んでいたら何とかなりました(笑)。自炊はラーメンを作ったり、ご飯を炊いてチキンを食べたりしています。ただ向こうはカフェ文化が発達していて「帰りにカフェに行かない?」と誘われることも多いです。
韓国にはおしゃれなカフェがたくさんあって、友達についていくと1日にカフェを3軒ハシゴすることもあります。あとみんな、カラオケも好きですよ。コインカラオケみたいなところがあって、何曲か歌ってからまたカフェへ行ったり(笑)。

☆写真が多数送られてきましたので紹介します。美味しそうな写真が多いですが(笑)。誕生日の写真は、韓国が好きな生活デザイン総合学科の友人がサプライズでお祝いしてくれた時の写真だそうです。

友達もできて楽しそうですね!何か日本と違って戸惑ったことは?

う~ん、バスかなぁ。運転手さんがイヤフォンで音楽を聴きながら運転していて、かなりアピールしないと止まってくれないこともあります。移動はタクシーが安いのでタクシーを利用することの方が多いですね。もう慣れたので一人でどこでも行けちゃいます!

学校の様子を聞かせてください。どんな授業を受けているのですか?

烏山大学では生活デザインのように様々な分野が学べるので、先生に興味のある分野を伝えて受講科目を決めました。私は語学と調理の授業を中心にとっています。外食サービスの授業では、バリスタのラテアートの授業がありました。
調理の授業は、検定の取得を目的とした内容で先生も少し厳しいです。リンゴの皮むき試験があったのですが、これまでしていた剥き方と違ったので、スーパーでリンゴを買って練習して挑みました。
鳥1匹を部位ごとに切り分けたりもしました(写真をみてください)。
レポート課題ではレシピを全て韓国語で提出します。厳しいと思っていた先生が「よくできました♡」とハートマーク付で添削してくれたのは嬉しかったです。「りなは(応用の授業も)続けて取るよね」と言われましたが、専門用語が多くて結構大変だったので迷っています・・・(笑)。

授業のお話しをもっと聞かせてください。

挨拶や礼儀などを学ぶ、こちらでいうキャリアデザインのような授業もあります。ホテル観光科の授業なので、ホテル用語も多く出てきますが勉強になっています。
グループで意見をまとめて発表するというものもあって、5つ星ホテルの歴史について調べるというテーマの時には、実際に行って感想や意見をまとめました。(5つ星ホテル!お値段も気になるけれど?) 事前に調べて、比較的手の届く価格帯のカフェに行きました(笑)。

これから留学生活は続きますが、何か目標などはありますか?

韓国語能力試験で最上級の6級を取得したいです!
(6級はかなり難しいと聞いていますが)
以前、試しに日本で受けた時の手ごたえから、しっかり勉強すれば上を目指せると感じました。昨年卒業した先輩が6級を取得したと聞いているので、私も頑張ります!

留学を検討している人に何かメッセージを。

最初にも話しましたが、韓国での生活は興味深いことばかりで、何をしていても新鮮で楽しいです。日本で家族と生活しているとどうしても親を頼ってしまうけれど、留学では自分で決めて行動することが多く、人生においてとても良い経験ができていると実感しています。毎日気を引き締めて生活しているので、いま日本に帰ってきて「怠けたくない。時間を大切に使いたい」と強く感じています。

———ありがとうございました。
りなさんは韓国のクラスメイトに「日本語が上手な韓国人」だと言われているそうで(笑)、日本語の授業のサポートも行っているそうですよ。ますます語学力を上げて、さらに成長して帰ってくる日を楽しみにしています。