愛知学泉大学

大学紹介教育スタイル

地域貢献できる大学づくりをめざし、「自分たちのまちは自分たちで育てようという意欲と知識を身につけた人材」を育成します。

教育力の柱・自ら学び、共に学ぶ「自学・共学システム」

大学内外で授業、実習や演習、クラブ活動などで学生が自ら学び、一緒に学ぶ友と協力して学ぶことを入学から卒業まで継続して行っていきます。

四大精神

社会人基礎力

pisa型学力

家政学部 基礎科目

「真心・努力・奉仕・感謝」の四大精神の実践

本学園創立者の教育信条であり、心のこもった対応、行動を身につけます。
人生100年時代の社会人基礎力

社会基礎力の育成

職場・地域社会の中で多様な人々とともに仕事を行っていくうえで社会人として必要な基礎的能力。社会人基礎力を各科目においても能力を発揮し高め合う授業展開とし、「専門知識と技能」を活かし、「課題解決力」をもった人材を育成します。
「無限の可能性への道 社会人基礎力を育む学泉ノート」を全学生へ配布し、各能力・要素の向上をめざしています。
人生100年時代の社会人基礎力

3つの能力・12の能力要素

前に踏み出す力(アクション)
  • 主体性
  • 働きかける力
  • 実行力
考え抜く力(シンキング)
  • 課題発見力
  • 計画力
  • 創造力
チームで働く力(チームワーク)
  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 情況把握力
  • 規律性
  • ストレスコントロール

pisa型学力

学んだ知識や技能をどのように「実社会・実生活」の場面で直面する課題に活用できる力。
pisa型学力