キャンパスで見つけた面白いこと珍しいことさりげないことを不定期に取り上げていきます。

お菓子グランプリ候補メニューを試作・評価

地元三河の特産品であるむらさき麦の普及と、藤川地区の地域活性を目的として開催されている「むらさき麦まつり」。当日行われるむらさき麦を使用したお菓子グランプリには、毎年 食物栄養学科と生活デザイン総合学科 後藤ゼミの学生が参加しています。

食物栄養学科チームは昨年優秀賞(1位)に選ばれ、今年も連覇を狙います。
この日は最終候補6点の試作を行い、官能評価を行いました。見た目、味、香り、食感などをチェックし、総合評価の結果、出品2点が決定しました。ザクザクorホロホロ、どちらが人気なのか楽しみです。

 

生活デザイン総合学科チームは、木曜サロンにお越しいただいた地域の方に候補2点を試食いただきました。食感の違う2点から出品メニューを決定。和洋折衷の味がミックスされた自信作です。

 

当日の試食・投票は先着200名となっています。他にも、生活デザイン総合学科 山本ゼミがまゆ人形やデコミラーなどの手作りブースを出店。大学 家政学専攻も生活スタジオの活動として、オリジナルグラノーラやスティック五平の販売を予定しています。ぜひお誘いあわせの上、お出掛けください。

むらさき麦まつり
2018年5月12日(土)10時~15時

※お菓子グランプリ:むらさきかん1階(12時より 無くなり次第終了)
※まゆ人形・デコミラー:道の駅 藤川宿エントランス(10時より無くなり次第終了)
※グラノーラ・スティック五平:むらさきかん エントランス外(10時より 無くなり次第終了)