愛知学泉大学

現代マネジメント学部 現代マネジメント学科 実習活動

地域や企業と連携し、マネジメントをリアルに学ぶ

企業や地域、行政、商店街、スポーツイベントなど、さまざまな組織へ学生自らが出掛けて、大人の方々と一緒になって現場が抱える問題を考え、協力・協働しながら解決を図っていきます。学生は、これらの体験を通してマネジメント能力を養います。
課題をみつけて解決する力、チームの中で主体的に働く力は、組織が求める社会人基礎力であり、将来につながる経験となっています。

【現代マネジメント実習】まゆっこ活動

実習イメージ

豊田市稲武地区にある「いなぶまゆっこ(まゆっこクラブ)」では、繭の育成から絹糸をとって作品にするまで、一貫して作業をしています。ここで一連の作業工程に参加させていただくなかで、「まゆっこ」の抱える問題を見出し、解決に導くお手伝いをしました。また、「まゆっこ」が随時開催しているイベントもサポート。イベントを活気づけるにはどうしたらいいか?蚕の伝統や魅力を上手く伝えるには?繭や絹糸を使った新商品は?など学生がアイデアを出し合い、実践にも取り組みました。糸とりの実演や体験教室の開催、商品販売のほか、大学祭でのパネル紹介・小物販売も実施。活動を通じて学生たちは養蚕農家と繭工芸品工房の取り組みを理解し、現代社会における伝統文化と伝統技術の継承問題について深く考える機会となりました。
【プレゼミナール】永覚新町商店街活性化

実習イメージ

「商店街の活性化」をテーマに、「豊田市永覚新町商店街」(※)の調査・取材を行います。商店街に出向いて店主にインタビューしたり、地元のお祭りに出店者として参加するなど、現地での活動に積極的に関わり、課題を見つけます。その際、「調査」、「企画」、「広報」というグループに分かれて動くため、自分の役割を意識しながら周りに働きかけることができるようになるのもこの実習の特徴です。商店街の方からも「今後はぜひ企画・立案」を、と継続的な活動が期待されている実習です。
※愛知県産業労働部商業流通課が推進する「あいち商店街活性化プラン2016ー2020」の一環として取り組む事業で、愛知学泉大学は、愛知県から同プランに基づく商店街と大学とのマッチング交流会の第一号として採択されました。
【現代マネジメント実習】ビジネスシミュレーション

実習イメージ

学祭で模擬店を出店することで、ビジネスを体験しようという実習です。大きく「マネジメント」と「マーケティング」という二つの側面から、ビジネスシミュレーションを行いました。「マネジメント」の側面では、ドラッカーやファヨールの理論を活かすことに挑戦。「模擬店出店の作業の種類、内容、時間を明確にする」、「チームの構成員になるべく得意なことをやってもらう」などの「組織化」という考え方はファヨールの管理過程論から学んだことです。また「マーケティング」の側面では、マッカーシーのモデルを参考に、製品企画、販売方法、価格などを設定していきました。多くの課題が見つかったものの、ビジネス活動の一端を体験できる実習となりました。
【ボランティア活動】ソフトテニス教室

実習イメージ

豊田市内の中学校や地域のスポーツクラブでソフトテニス教室を開催しています。ソフトテニスの技術サポートだけでなくケガをしないための準備運動や基礎体力の向上にも力を入れています。またスポーツ活動を通じて他学年とのコミュニケーションのとり方や礼儀、マナーなども身につけることができるような指導を心がけています。
学生は子どもたち一人ひとりの意見に耳を傾けコミュニケーションを図ります。その中でその子にとって、どこがわからないのか、何が苦手なのかを把握し、わかりやすく伝える方法をメンバーで考えます。限られた練習時間を有効に利用しメリハリのあるトレーニングを計画し実践しています。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.