愛知学泉大学

現代マネジメント学部 現代マネジメント学科 マネジメント女子Style

働く女性(OG)×マネジメント
働く女性(OG)×マネジメント
本学豊田キャンパスの卒業生で、働き続けながら1児のママとして奮闘中の先輩をインタビュー。
「働く女性」×「美しい妻」×「多忙なママ」は、どんなタイムマネジメントをしているの!?
インタビューに応じてくれるのは本学卒業生の早川あやかさん。広告代理店に勤務しており、現在は高校生向け進学相談会の企画・運営や情報誌の営業・制作などをおこなっています。28才でご結婚され、現在は1児のママでもあります。産休や育児休暇を取得したあと、仕事に復帰し、「働く女性」×「美しい妻」×「多忙なママ」の3役をこなしています。お仕事のことやお休みの日の過ごし方などを、聞きました!

大事なのは、時間の使い方と脳の切り替え。
エネルギーあふれる女性を目ざしています!

−−外でのお仕事&家事・育児に忙しい毎日かと思いますが、仕事を続けていく上でどんな工夫をされていますか?
大事なのは、時間の使い方と脳の切り替え方ですね。仕事は時短勤務をさせていただいていますが、やりたい仕事がもっとあるのに!という気持ちを捨てきれずにいます。でもそのまま家に帰ってしまうのはダメ。子どもと接する前には、深呼吸をしたり音楽を変えたりして脳を切り替えます。子どもを保育園に迎えに行った時は「がんばったね」ではなく「楽しかったね!」と声をかけ、ギューっと抱きしめます。昼間一緒にいられない分、余裕のある日は一緒にお料理もします。幼い娘ですが、私の真似をして切ったり混ぜたり。そんな時間が私を元気にしてくれます。家の事は全部を自分でやろうと思い過ぎず、家族に協力してもらっています。ポイントは朝時間!夜はいろいろと効率が悪くなるので身体が疲れた時は早く寝る。その分、朝早く起きてがんばっています!

−−働く女性として心がけていることはありますか?
後輩の女性たちの希望になれるように、と思っています。そのためには、活き活きとしたエネルギーを感じられる女性になりたいですね。歩き方・立ち方・指の先まで意識しています。そして何よりも重要なのは“笑顔”! もちろん外見の美への意識は大切ですが、それ以上に大切にしていきたいのは内面の美です。子どもと一緒だとなかなか読書時間もとれないのですが、知識を得ることや自分時間をつくることは大切にしています。4歳から続けてきた書道も自己成長の大切な一つです。人間としての成長を止めないようにと、心がけています。

自信を持って自分の背中を子どもに見せられるようになる。
それが今後の目標です。

−−お休みの日はどんな風に過ごしていますか?
子どもが産まれるまでは、自分の視野や経験を増やしたくて料理教室やエステに通ったり、旅行や大学生時代にはじめたダイビングにも出かけていました。とにかく家にじっとしていられない性格なので(笑)。家族が増えた今では、食材を買い、掃除・家事、公園に出かけたり、実家の畑で芋掘りを体験したりと、子どもが楽しめる場所へ行くようになりました。時には、子どもをあずけて学びに行くこともあります。子どもはまだ小さいですが、遠方にも連れて出かけています。「親の行動範囲が子どもの行動範囲」と思って、視野も経験もふやしていってあげたいですからね。

−−今後の目標を教えてください!
自信を持って自分の背中を子どもに見せられる、そんな女性でいたいと思います。自分の人生に子どもという宝・かけがえのない命・守りたい存在ができたことで、物事の見方ががらりと変わりました。人生の幅が広がり、学ぶことも多く、何より毎日幸せを感じさせてもらえるようになりました。子どもには子どもの生き方がある。子どもがそれをみつけられるように、一生懸命生きるということ、自分の生き方を見せられる私でいたいと思います。

−−最後に、学生の皆さんににメッセージをお願いします。
学生生活は、一生に残る大切な時間です。「これをやったぞ!」といえること、感動を、ぜひつくってください。
今という時間は、今でしか得られない。学生生活が、皆さんにとって語れる時間となりますように。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.