教員紹介

愛知学泉大学 家政学部 こどもの生活学科

写真

木田 竜太郎 Kida, Ryotaro

担当科目

  • 教育原理
  • 教職入門
  • 教育課程総論
  • 道徳教育・特別活動論
  • 教職実践演習
  • 卒業研究 など

研究紹介

  •  専門は大学史、特に「短期大学」の制度化から今日に到るまでの総合的な研究を試みています。その目的は、いわゆる女子特性教育論を離れた「二年制大学」の積極的意義を掘り起こすことによって、今後の生涯学習社会における第三段階教育(tertiary education)システムの再編可能性に関する示唆を得ることにあります。実践的な職業教育を担う中等後教育(post-secondary education)の実質化が政治課題として挙げられる昨今、短期大学の「四大化」、大学教育の「専門学校化」などの今日的課題を歴史的視点から捉え直すことを目指しています。

教育・研究活動

  •  早稲田大学教育総合研究所、関東学院大学高等教育研究・開発センター、京都文教大学地域協働研究教育センター、有明教育芸術短期大学子ども教育学科、等を経て現職。

近著

  • 最新 よくわかる教育の基礎(共著)学文社、2019年
  • マネジメントする保育・教育カリキュラム(共著)教育情報出版、2018年
  • 多文化・多民族共生時代の世界の生涯学習(共著)学文社、2018年
  • 学校教育法実務総覧(共著)エイデル研究所、2016年

論文

  • 「日本型「短期高等教育」の展開と蹉跌」『有明教育芸術短期大学紀要』第11巻、2020年
  • 「戦後教育改革期における「地域大学」構想の一事例」日本学習社会学会『学習社会への展望』2016年
  • 「初期「短期大学」の成立と展開に関する一考察」『大学教育学会誌』第37巻第2号、2015年
  • 「新制大学十二校先行認可問題に関する一考察」『日本教育史学会紀要』第5巻、2015年

学会発表

  • 「高度経済成長期における若年女性の労働とキャリア形成」日本社会教育学会 第66回大会、2019年
  • 「短期大学設置基準とその解説(1949)の成立過程について」日本教育学会 第77回大会、2018年
      

メッセージ

 大学で「教育学を学んだ」といえるかどうかは、断片的な知識の修得以上に、教育学の知見に立って個々の教育体験をいかに相対化・客観化できるか、といった点にかかっています。自らの学びに対する真摯な振り返りの姿勢を期待しています。

      

ティーチング・ポートフォリオ

 ティーチング・ポートフォリオ(PDF)