教員紹介

愛知学泉大学 家政学部 こどもの生活学科

写真

塙 佐敏 Hanawa, Satoshi

担当科目

  • 体育科教育法
  • 体育科研究
  • 教育実習指導
  • 教職実践演習
  • 保育実践演習
  • 専門演習Ⅰ,Ⅱ など

研究紹介

  •  子どもの体力は,ここ数年,向上傾向にあります。しかしその一方で,運動習慣の二極化や生活習慣の未定着などの課題が存在しています。このような現状を踏まえ子どもの健康や体力を向上させるために必要な身体活動量について研究しています。またその中心的な役割を果たす体育の授業において,運動好きで考える力をもった子どもを育てるための指導法を研究しています。

教育活動

  •  新潟県内の公立小学校長,教育委員会(新潟市教育委員会,新潟県立教育センター, 新潟県下越教育事務所佐渡出張所),新潟医療福祉大学等の勤務を経て,2019年4月着任。

著書

  • 塙佐敏:子どもの動きを豊かにする縄跳びの指導法~易しい跳び方を用いた小学校での縄跳び~(2016),健康教室,東山書房,16-18
  • 新潟医療福祉大学健康スポーツ学科教職実践研究会編:ワークシートを用いた実践的理解 教職概論(2015),塙佐敏他,第7章 教師の服務とは?,大学教育出版,55-63(共著)
  • 杉山重利,髙橋健夫編:教員採用試験の実際教師を目指す学生必携 保健体育科教育法(2009),塙佐敏他,第Ⅳ部第4節 教員採用試験の実際,大修館書店,307-309(共著)

論文(2010年以降)

  • 塙佐敏(2022)演習形式を導入した体育授業が「社会人基礎力」向上に及ぼす影響,愛知学泉大学紀要,4(2),17-32
  • 塙佐敏,野井慎吾(2021)朝の運動遊びへの参加と子どもの身体活動量との関連性,日本幼少児健康教育学会誌,6(2),111-120 (査読有)
  • 塙佐敏,渡邊芳哉(2020)バスケットボールにおける戦術的な学習課題を解決するための指導法-ワンドリブルによるドリブル制限の有効性-,愛知学泉大学紀要,3(1),33-44
  • 塙佐敏(2019)基礎的な技能習得と準備動作を発揮させるためのソフトバレーボールの実践-ワンキャッチを認めることの有効性-,愛知学泉大学紀要,2(1),59-66
  • 塙佐敏,野井真吾(2018)小学生の目標身体活動時間確保のための強度別歩数指標の試み.発育発達研究,78,13-23(査読有)
  • 塙佐敏,高田大輔(2018)健康スポーツ学科における教職実践演習の目的と内容-指導の系統性を意図した体育授業(器械運動,体つくり運動)を取り上げて-,新潟医療福祉大学教職支援センター年報,1,59-64
  • 足立淳,笹川トシ子,塙佐敏,増田明美,森泉哲也,吉田重和(2018)教員養成教育におけるカリキュラム・マネジメントの試み-「中間項目」を導入した教職実践演習を基軸として-,新潟医療福祉大学教職支援センター年報,1,3-11
  • 足立淳,笹川トシ子,塙佐敏,増田明美,森泉哲也,吉田重和(2018)教員養成教育のための電子履修カルテの設定と開発,新潟医療福祉大学教職支援センター年報,1,12-17
  • 塙佐敏(2016)小学校高学年児童の休日における身体活動量~目標身体活動量確保のための歩数指標~,日本幼少児健康教育学会誌,2(1),5-14(査読有)
  • 塙佐敏(2015)小学校体育において連係プレーの成立を図るためにボール操作制限を緩和したソフトバレーボールの実践~キャッチングレシーブとホールディングトスを用いることの有効性~,日本教科教育学会誌,38(2),91-102(査読有)
  • 塙佐敏(2015)体力水準を基にした子どもの身体活動量~意思決定バランスと心理社会的要因との関連~,発育発達研究,66,38-51(査読有)
  • 塙佐敏(2014)子どもの歩数を指標とした推奨身体活動量把握の試み,運動・健康教育研究,22(1),27-33(査読有)
  • 塙佐敏(2014)中学生の生活・運動習慣相互の定着状況と歩数との関連,運動・健康教育研究,22(1),3-13(査読有)
  • 塙佐敏(2013)ネット型ゲーム導入としてのキャッチバレーボールの有効性,日本教科教育学会誌,36(3),1-12(査読有)
  • 塙佐敏(2013)基本的生活4習慣の定着と児童の歩数・体力との関連性,発育発達研究,58,1-9(査読有)
  • 塙佐敏(2011)歩数を基にした子どもの適切な身体活動量の検討-可変的要因(運動習慣,生活習慣)や不変的要因(季節)と歩数との関連から-,発育発達研究,54,1-10(査読有)
  • 塙佐敏(2011)生活習慣の定着がテレビ等視聴時間や歩数に及ぼす影響について,日本発育発達学会第9回大会記録集,104-108
  • 塙佐敏(2010)子どものライフスタイルが歩数に与える影響,新潟体育学研究,28,3-9(査読有)
  • 塙佐敏(2010)児童の投能力向上のための指導法の在り方~自作教具“ステップくん”の有効性の検討~,新潟医療福祉学会誌,9,62-68(査読有)

学会発表(2010年以降)

  • 塙佐敏,野井慎吾(2019)朝の運動遊びが心理的要因及び生活習慣の定着に及ぼす影響,日本幼少児健康教育学会,安田女子大学,2019.9
  • 塙佐敏,野井真吾,児童の休み時間の遊び頻度認知と身体活動量及び運動への動機づけとの関連,日本発育発達学会,岐阜大学,2017.3
  • 塙佐敏,野井真吾,休み時間の自発的身体活動の生起要因~運動環境要因及び心理社会的要因を基軸として~,日本幼少児健康教育学会,日本体育大学,2017.3
  • 塙佐敏,学校における休憩時間中の身体活動量,日本幼少児健康教育学会,大阪女子短期大学,2016.3
  • 今井大貴,塙佐敏,江原義弘,松島裕,縄跳び(2回旋跳び)における熟練者と未熟練者の跳躍動作の違い,新潟医療福祉学会学術集会,新潟医療福祉大学,2015.10
  • 塙佐敏,子どもの身体行動変容段階によるセルフエフィカシー及び精神的健康パターンとの関連,日本幼少児健康教育学会,関西福祉大学,2015.10
  • 塙佐敏,ハードル走におけるグループ間競争の導入が児童同士の関わりや運動有能感に及ぼす影響について,日本体育学会,国士舘大学,2015.8
  • 塙佐敏,子どもの身体活動量の把握のために主観的身体活動時間と客観的身体活動時間を用いることの有効性,日本発育発達学会,日本大学,2015.3
  • 塙佐敏,連係プレーによる攻撃を成立させるためのワンキャッチソフトバレーボールの有効性,日本教科教育学会,兵庫教育大学,2014.10
  • 塙佐敏,小学校高学年児童の休日における身体活動量,日本幼少児健康教育学会,近大姫路大学,2014.9
  • 塙佐敏,体力水準を基にした子どもの身体活動量と意思決定バランス及び心理社会的要因との関連,日本発育発達学会,大阪成蹊大学,2014.3
  • 塙佐敏,連係プレーを生み出すためのソフトバレーボールの実践~レシーブキャッチとホールディングトスを用いることの有効性~,日本教科教育学会,岡山大学,2013.11
  • 塙佐敏,小規模小学校における全校体育の実施が児童の身体活動量に与える影響 ~歩数を指標とした推奨身体活動量把握の試み~,日本幼少児健康教育学会,山陽学園大学,2013.9
  • 塙佐敏,子どものライフスタイルと歩数及び体力テストとの関連について~小学生から中学生までの横断的変化~,日本幼少児健康教育学会,聖セシリア女子短期大学,2013.3
  • 塙佐敏,ネット型ゲーム導入教材としてのキャッチバレーボールの有効性,日本教科教育学会,東京学芸大学,2012.9
  • 塙佐敏,中学生の生活・運動習慣の定着と歩数との関連性について,日本幼少児健康教育学会,ノートルダム清心女子大学,2012.9
  • 塙佐敏,環境要因が子どもの歩数に与える影響について~山間地小学生における歩数・生活習慣調査から~,日本幼少児健康教育学会,東京理科大学,2012.3
  • 塙佐敏,季節要因が児童の生活スタイル及び歩数に与える影響について,日本体育学会,中京大学,2010.9
  • 塙佐敏,児童の運動実施・テレビ等視聴時間が歩数・体力テストに及ぼす影響について,日本発育発達学会,山梨大学,2010.3

受賞歴

  • 日本幼少児健康教育学会 優秀論文賞(中永征太郎賞)受賞(2017.9)
  • 日本幼少児健康教育学会 優秀発表賞(濱田靖一賞)受賞(2013.9)
  • 日本発育発達学会第9回大会 優秀研究賞受賞(2011.5)

外部資金獲得

  • 基盤研究C:「目標身体活動量が身体活動促進要因及び基礎的身体操作能力の習得に及ぼす実証的研究」,研究代表,2016~2017年
  • 基盤研究C:「子どもの目標身体活動量と運動行動発現・継続に係る心理社会的要因」,研究代表,2013~2015年
  • 挑戦的萌芽研究:「子どもの歩数が体力・運動強度に与える実証的研究 -内的・外的条件との因果関係-」,研究代表,2009~2011年
   

メッセージ

 新学習指導要領は,これまで積み重ねてきた教育実践の成果を基に,子どもたちに自ら考える力や友達との対話を通して工夫する力,そして他者に伝える力の育成をねらいとしています。このような子どもを育てるために,教師には高い指導力が求められます。
 また,学校では様々な教育課題を解決しなければならず,教師としての的確な対応力とチーム学校として仕事を進めるための協働性が求められます。
 皆さん,小学校の教師となりこれからの社会を担う子どもを育ててみませんか。教育現場は,若い皆さんの力を待っています。皆さんの希望が確かな形になるよう全力で支援して参ります。希望の実現に向けて,一緒に歩みましょう!

      

ティーチング・ポートフォリオ

 ティーチング・ポートフォリオ(PDF)