愛知学泉大学

家政学部 家政学科 こどもの生活専攻 授業紹介

こども音楽(T〜W)
こども音楽(T〜W)
子どもへの音楽教育を修得します。ピアノの「弾きうたい」を身につけるため、個別レッスンによって技術を高めていきます。1年に2回「ピアノ発表会」を実施し、そのレベルを確認し、更に向上するための指導を行います。また、さまざまな楽器にもふれ、音楽がもたらす恵みや音から色彩をイメージすることなどを学びます。
こども図画工作(A〜C)
こども図画工作(A〜C)
形から色、表現、立体造形の基礎的な知識や技術を修得します。学んだことを子どもたちへ「どう伝達するか」を考察します。ストローを使って飛行機を作成してみたり、とびだす絵本の製作、粘土で野菜を製作して食品サンプルを作ることなどを学び、表現する面白さや魅力について理解していきます。
こども体育(A〜C)
こども体育(A〜C)
心と身体の成長の基礎をつくる一番大切な幼児期に必要な“遊び”“スポーツする楽しみ”“身体を動かす爽快感”などを理解し、指導方法を修得します。学生同士での「教え合い」「学び合い」を核とした授業を展開することで、苦手を克服する学びによって学力が伸びる喜びを体験します。
幼小連携
幼小連携
子どもたちの健やかな育ちを支える「幼稚園と小学校」、「保育所と小学校」の連携の在り方について学習します。そのために、教育の歴史、教育方針、教育内容、発達と学び、子どもの実態、連携の方法などについて理解を深め、具体的な実践事例をあげながら解決の方法について考察し、討論を実施します。
乳児保育
乳児保育
保育所や乳児院を担当する保育士に求められる、乳児の発達が年次ごとに(0歳、1歳、2歳)育児上の問題や対応を学びます。食事、排泄、睡眠、清潔の援助、家庭や地域と連携した保育、について実践や演習を通して理解を深めます。
小学校教諭養成課程
小学校教諭養成課程
小学校の教師として、各教科の指導方を学ぶ科目を1年次から「生活科研究」や「算数科研究」など配置。3年次から本格的に国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭科、体育の教育法を学びます。これらの科目は小学校教諭の免許取得に必須科目であります。また教育実習においても学んだ方法を活かします。
子どもの食と栄養
子どもの食と栄養
子どもの成長を支えるため、健康な生活の基本として食生活の意義や栄養に関して学びます。乳児、幼児などのライフステージの身体特性や必要量や調理法を実際に学び知識や技能を身につけます。
教育経営論
教育経営論
国の教育政策過程や自治体教育経営など、教育や教師を取り巻くさまざまな実態や課題についてグループで考察し、話し合います。主体的に学ぶことで自分なりの意見や問題意識を持つ力を養います。
学外実習について
小学校教諭1種免許状、幼稚園教諭1種免許状、保育士資格を取得するこどもの生活専攻は各種実習を行います。実習先においては身につけて知識や技能を発揮することはもちろん、各現場における現状と課題についても考えます。
  • 介護等体験実習(特別支援学校2日間、児童福祉施設5日間)
  • 保育実習I(保育園やこども園で2週間)
  • 施設実習(児童福祉施設で90時間(約10日間)
  • 保育実習II((保育園やこども園)もしくは保育実習V(児童福祉施設)で2週間)
  • 教育実習(小学校または幼稚園で3週間)

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.