愛知学泉大学

家政学部 家政学科 家政学専攻 授業紹介

被服実習
被服実習
被服製作を通して、人体と衣服との関わりを学び、被服造形に関する基本的な技術を修得します。上半身衣服としてベストの製作と基礎縫いの練習としてランチョンマットを製作します。また、和裁を修得するため“浴衣”の製作も学びます。これらを学ぶことで「ファッション関連」への関心を高めます。
服飾文化論
服飾文化論
世界や日本の服飾について、社会状況、生活文化、政治経済などとの関係に着目しながら、現代ファッションに与えた影響を考察。広い視野から学ぶことで、衣服についての理解を深めます。
調理学実験
調理学実験
調理に使用する食材・食品が調味料や加熱などによって化学的変化する特徴を修得し、調理のコツを学びます。小麦粉の特徴を活かしたホットケーキの調理法やハンバーグに使用する肉の配合の影響などの実験を行います。また、ガスとIHの違いなど、加熱器具の違いによる仕上がりの特徴も学びます。
食品加工学実験
食品加工学実験
豆腐やチーズ、納豆にうどんなどの食品がどのように加工されているか、実際に製造工程を学び理解します。人の生き方などから影響を受けてきた食品加工の知恵を今後の食生活へ提案できる力を身につけます。
インテリアデザイン
インテリアデザイン
住宅のインテリアをコーディネイトするための基礎知識・技術を学びます。空間を構成する要素や間取りについて学び、平面図と展開図を使って室内空間を表現するスキルを養います。人の身体や生活とインテリアの関係を理解し、自分のライフスタイルを分析した上で新たな空間イメージを創造します。
住宅計画
住宅計画
住宅建築を手掛けるスタッフの一員として、各部屋の配置や仕組みを理解しプランニングできる知識を身につけます。また提案方法の一つとしてスケッチによって表現します。生活と空間の関係を自ら考えることができることが重要です。
マーケティング
マーケティング
将来の進路先で活かされる「市場でモノが売れる仕組み」を身近な企業が行っている事例(テレビCM、インターネット、SNSなど)を素材として、マーケティングの知識や技術を修得。消費者の心理やブランド戦略、価格の決定方法などを学びます。また、「経済学」や「消費者問題」の授業によって更に理解を深めます。
キャリア形成
キャリア形成
一人ひとりの「キャリア」について考えます。インターンシップによる職業意識やグループディスカッションによる意見交換による他者への理解などを深めます。家政学専攻の学びの柱となる重要な科目です。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.