愛知学泉大学

家政学部 家政学科 管理栄養士専攻

01

医療、健康、食品開発の知識・技能を養う

学ぶ領域は人体の構造と機能や臨床医学、栄養学や栄養教育、食品の化学成分や公衆栄養などから「医療・健康・食品開発」に必要な専門知識や技能を学びます。また栄養教諭の養成も行い、食育のあり方や食物アレルギーへの対応など実践力を育成します。

02

キャリア教育により専門性を高める

管理栄養士が活躍する「臨床」「福祉」「食品・メニュー開発」「地域栄養・食育政策」の4つの領域を3年次から選択。学生一人ひとりが目標とする領域について専門性を高めます。さまざまな現場実習も行い、社会人基礎力を身につけます。

03

初年次教育プログラム

専門科目を学ぶための導入教育として「基礎化学」・「応用化学」・「基礎生物学」・「応用生物学」・「国語力」の実施。また管理栄養士の職域や役割を理解する「管理栄養士への道」を実施するなど、初年次教育プログラムによる学生支援を行います。

04

全員合格をめざす管理栄養士国家試験対策

全員合格をめざし1年次から徹底指導を行います。管理栄養士の役割を理解する講義をはじめ、4年間のカリキュラムは国家試験完全対応。3年次から始まる模擬試験や直前特訓講座など合格率100%を実現するための環境を整えています。

[職業教育]3年次より進路を見据え、専門性を高める4分野から選択

臨床栄養(臨床栄養活動論、臨床栄養実習)

臨床栄養

《対象》医療分野で管理栄養士として就職をめざす者

《身につける力》

  • 栄養ケア・マネジメントの実践方法
  • 疾病者の栄養計画から具体的なプランを展開
  • チーム医療に重要なコミュニケーション力をつける
    (グループディスカッション)

福祉栄養(福祉栄養活動論、福祉栄養実習)

福祉栄養

《対象》高齢者福祉施設や保育所で管理栄養士として就職をめざす者

《身につける力》

  • 各施設における栄養管理の方法を理解
  • 各施設での栄養問題について実践的な提案を行う
  • 介護保険制度や保育所給食のガイドラインの理解

食品・メニュー開発(食品開発・品質管理論、食品・メニュー開発実習)

食品・メニュー開発

《対象》食品産業、メーカーなどで管理栄養士の力を活かして就職をめざす者

《身につける力》

  • 食品開発の分野について理解
  • 食品用語の理解と発表できる力
  • 企画力・マネジメント力

地域栄養・食育政策(地域栄養教育論、地域栄養・食育政策論実習)

地域栄養・食育政策

《対象》保健所、給食施設、栄養教諭、研究者など管理栄養士として就職をめざす者

《身につける力》

  • 統計処理において説明できる力
  • 健康人に対する栄養計画・食育がすべてのライフステージにおいて作成できる
  • 給食施設において栄養アセスメント・品質管理、栄養管理、衛生管理ができる

めざせる免許・資格

  • 管理栄養士国家試験受験資格

    栄養士の上級資格。従来の栄養士や調理師の指導的役割だけでなく、法改正により傷病者の療養や個人の健康保持のための栄養指導も行います。

  • 栄養士免許

    栄養指導を行うための公的資格。学校や病院などで、食生活の面から健康の維持・管理・増進を考え、献立作成や調理、食事の管理を行います。

  • 栄養教諭一種免許状

    小・中学校での栄養や食事の指導など食育に関する授業を行う免許。アレルギーや肥満、病気を持った児童・生徒に対して個別の栄養相談も行います。

  • 食品衛生管理者任用資格

    食肉製品、乳製品、食肉油脂など、特に衛生上の考慮を必要とする商品・添加物の製造・加工施設で、製造工程の衛生管理を行う資格です。

  • 食品衛生監視員任用資格

    港や空港の検疫所で、輸入食品の安全監視や指導を行ったり、都道府県の保健所で食品を介した健康被害を防ぐ公衆衛生業務に携わる資格です。

PAGETOP

愛知学泉大学

© AICHI GAKUSEN UNIVERSITY.