ケーキ ハート パフェ
Chie's Cafe~学生インタビュー~

今日のゲストは、食物栄養学科1年生「えりかさん」です

第5回

こんにちは。入試広報室のChie(チエ)です。
入学して半年経った1年生にインタビューシリーズ(?)。幼児教育学科、生活デザイン総合学科ときましたので、今回はトリとなる食物栄養学科の学生さんです。
本日お招きしたのは食物栄養学科1年生のえりかさんです♪。今回は授業の内容を中心に聞いてみたいと思います。



Q1)これまで受けてきた授業で印象に残っているものを教えてください。

え)給食管理実習です。

Q2)この授業を履修した理由は?

え)将来給食センターで栄養士として働くために、器具の名前や調理の仕方、衛生面などを学ぶために履修しました。

Q3)面白かった、勉強になったと感じたのはどんな瞬間ですか?また、その理由も教えてください。

え)面白かったと感じた瞬間は実際に下処理室に入り野菜を切ったことです。理由は本当に給食センターで働いているみたいで自分で言うのもなんですがかっこいいと思いました(笑)。
勉強になったと感じた瞬間は衛生面に関してです。食中毒についてや、異物混入はどうして起こってしまうのか、どのようにしたら未然に防ぐことができるかを学びました。安全に料理したものを食べてもらうために必要な知識が沢山身につきました。

Q4)大変だったことはありますか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

え)大変だったことは実際に100人分の献立を考えて作成していくことです。野菜1つ1つにどのような栄養があるか、体にどのような影響があるかを考え、塩分の量や野菜1つ1つの値段まで細かく考えていくことなどがとても大変でした。 考える時はとても困りましたが、わからないことは先生が優しくアドバイスをしてくれて無事に乗り越えることができました。

Q5)今後どの様なことに挑戦したいですか?

え)今後は自分だけで栄養面を考慮して献立を作ることに挑戦したいです。対象者にあった献立を考えて、その対象者が美味しく笑顔で満足のいく献立を立てられるように頑張っていきたいと思います。

Q6)愛知学泉短期大学に興味を持ってくれている高校生に一言お願いします。

え)栄養士を目指している人はもちろん「料理が好き」「食べることが好き」など、食に少しでも興味がある方はぜひ 愛知学泉短期大学 食物栄養学科へ~!



ありがとうございました。安全な食事を提供するためには多くの知識と技術が必要なんですね。

愛知学泉大学