ケーキ ハート パフェ
Chie's Cafe~学生インタビュー~

今日のゲストは、生活デザイン総合学科2年「さきさん」です

第14回

こんにちは。入試広報室のChie(チエ)です。
今回は生活デザイン総合学科2年のさきさんをお迎えしています。輸入車販売の会社に内定をいただいていたそうですが、そこから数週間で自分も予期していなかった「起業」という新たな方面に挑戦することになったんですって! 詳しく伺ってみましょう。



Q1)会社を立ち上げられるそうですね!何社もの新聞で紹介されているのを見ましたよ。

さ)はい。大学3年生と高校3年生の従姉妹と私の3人で、災害時や介護の現場で使える「水のいらない全身シャンプー」を取り扱う会社を立ち上げることになりました。3月初旬の本格始動に向けて、クラウドファンディングで出資を募るなど、いま準備を進めているところです。

Q2)起業しようと思ったいきさつを聞かせてください。

さ)私は学泉への進学を機に実家の千葉を離れ、現在叔父の家に住んでいます。叔父は業務用シャンプーの会社を経営しており、昨年4月の熊本地震で入浴もままならない人々の様子をテレビで見て「何か役に立てないか」とすぐに拭くだけボディーシャンプーを開発し、熊本に送りました。もっと多くの人に使ってほしいという思いを父親から受け継いだ従姉妹が起業を決め、一緒にやろうと声を掛けられたのがきっかけです。
私はその頃すでに自動車販売の会社に内定をいただいていたので本当に悩みました。もう悩んだという言葉で語りつくせないぐらい悩みました。

Q3)悩みぬいた末に、起業に携わろうと決めた理由は?

さ)起業に携わるなんてなかなかできない経験なので、最終的には「やってみたい」という思いを優先して決めました。決めた今も正直不安でいっぱいですし、同級生からは「本当にいいの?」と言われました…。でも、今まで生きてきて何か大きなことに挑戦したこともなかったので「やってみよう!」と決めました。

Q4)大学で学んだことは役立っていますか?

さ)役立っています!私は人見知りなところがあるのですが「コミュニケーション能力開発」でプレゼンテーションの練習を重ねていたことで、人前でもあまり緊張せずに話せているのかなと営業活動をしながら実感しています。「ビジネス実務演習」で学んだ言葉遣いやマナー、ビジネスメールや資料を作る時にはWordやExcelの授業で検定を取得したビジネス文書の書き方などがとても役立っています。

Q5)今後の目標を聞かせてください。

さ)災害時などの困難な状況下で、身体をきれいにすることで感染症の確率を下げ、辛い気持ちを抱えている人の気持ちを少しでも和らげることができたらと思っています。
会社としては…もっともっと多くの人に知ってもらえる商品、会社になっていけたらと思っています。商品名を聞いただけで会社の名前が浮かんだり、逆に社名を聞いて「あぁ、あの全身ボディーシャンプーの!」と言ってもらえるぐらい認知されるように頑張っていきたいです。防災用品として一家に一製品必ず置いてもらえるようになったら本望です。
一般の化粧品は使用期限が3年ぐらいなのですが、防災用に備蓄できるよう保存期間を5年に広げています。女性の観点から開発を進めた商品で、潤い成分も配合しベタベタする成分が入っていないので使い心地がとってもいいですよ。すでにネットでの販売をはじめていますのでよろしくお願いします!
☆「FRASCO INTERFACE」会社ホームページ



どちらかというと控えめな印象のさきさんですが、伝えることはしっかりと伝え、柔らかな表情で丁寧に話す様子に「営業向いてるよ。大丈夫!」と一緒にお話しを伺ったスタッフも声を掛けていました。頑張ってください。応援しています!(インタビューは2017年1月)

愛知学泉大学