愛知学泉短期大学後 援/岡崎市教育委員会

alt=

特別講演(午前)
「気になる子ども・気になるおとなの理解と支援
 〜発達相談員の視点から〜」
講師:加藤 弘美(社会福祉法人名古屋キリスト教社会館 南部地域療育センターそよ風発達相談員) 定員:150名

保育者の視点から見た気になる子ども・気になるおとなをどのように理解し、支援していったらよいのか。 療育センターの発達相談員が巡回療育相談で出会った「認定児ではないけれど、とても気になる子どもたち」と「先生」。 先生の気がかりを共有し、共に考えていくために私たちにできることは何か。発達的な視点だけでなく、子どもを取り巻くおとなの問題も考慮した支援や対応について、現場の実態・事例もまじえながら考えましょう。

○講師プロフィール:かとう ひろみ
愛知県立大学 児童教育学科 卒業。愛知教育大学 教育学研究科 学校教育専攻 修士課程修了(教育学修士学位を取得)。愛知県立大学 大学院 人間発達学研究科 人間発達学専攻 博士後期課程単位取得満期退学。 愛知県立大学・博士(人間発達学)学位を取得。愛知県立大学 非常勤講師。臨床発達心理士。学校心理士。

講座(午後)
Aコース「絵本から様々な表現へ−オルフ教育の理念を取り入れた活動−」定員40名

今回は多角的な視点を持ちやすい絵本を使い、多様な表現、多様な解釈があることに気づき、それぞれの表現を認めあう場にしていただけたらと考えます。 絵本の中の絵や言葉から音楽表現へどのようにつなげていくのか。皆さんと創造しながら楽しみたいと思います。保育現場での音楽指導のヒントになればと考えます。 靴を脱いでの活動になります。動きやすい服装でお越しください。

講座(午後)
Bコース「子どもの心とからだを育てるリズム表現あそび」定員40名

近年、子どもを取りまく社会状況や環境の変化によって、あそぶ力や運動量の低下等、子どもたちの体力や姿が変わりつつあります。乳幼児の心とからだが、バランスよく発達するためには、いろいろな あそびを、保育現場で体験させることが大切です。今回は、子どもの心とからだを育てるあそびを紹介し、あそびを通して心とからだが育つということについて、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。 また、情報交換も行いたいと思います。動きやすい服装でご参加ください。

日程

時 間日程および講座内容
7月22日(土) 9:00 受 付
9:30 開 講 式 [大会議室]
09:45〜11:45 特別講演「気になる子ども・気になるおとなの理解と支援」
講師:加藤 弘美 [大会議室]
     昼 食 [学生食堂(5号館)]
12:45〜15:45 講座Aコース 
講師:本多 峰和 [多目的教室]
講座Bコース 
講師:伊藤 照美 [幼児体育室]
「絵本から様々な表現へ」

・オルフ教育について
・絵本の要素を使用した様々な表現あそび
(休憩)
・まとめ

アンケート記入
「子どもの心とからだを育てるリズム表現あそび」

・身体を動かすあそび
・ふれあいあそび
(休憩)
・集団リズムあそび
・情報交換
・まとめ

アンケート記入

受講申込方法

 ・下記の参加申込用紙をプリントアウトの上、必要事項を記入してFAXにてご連絡ください。
 →参加申込用紙(pdf形式)

 ・必要事項をご記入の上、E-mailにてyoukyo@gakusen.ac.jpまでご送付いただいても結構です。

  ※記入事項 1.氏名(フリガナ) 2.勤務先 3.ご連絡先 (住所:勤務先orご自宅どちらでも結構です)
          4.ご連絡先(TEL・FAX・E-mail) 5.希望講座(第1希望・第2希望) 

受講決定者には順次、受講証をお送りします。(6月30日頃発送予定)

・お申し込み・お問い合わせ先
 〒444-8520
 愛知県岡崎市舳越町上川成28
 愛知学泉短期大学 幼児教育学科
 「第42回 保育者のための幼児教育保育講座」係宛
 TEL:0564-34-1212(代表) FAX:0564-34-1270
 E-mail: youkyo@gakusen.ac.jp

・申込締切 平成29年6月16日(金)必着
 (※但し、特別講演・各講座とも定員になりしだい締め切らせていただきます)

その他

昼食の校内販売はありませんので、各自でご準備ください。
昼食会場は学生食堂(5号館)をご利用ください。

会場案内

愛知学泉短期大学
〒444-8520 愛知県岡崎市舳越町上川成28
TEL:0564-34-1212(代表) FAX:0564-34-1270
URL:http://www.gakusen.ac.jp/t/

自家用車の場合は大学北側の駐車場をご利用ください。
JR、名鉄電車、愛知環状鉄道をご利用の場合は、大学まで以下の特別運行スクールバスをご利用ください(無料)。

※会場までのアクセスについてはこちらもご参照ください。