-2020年9月10日(木)更新-

愛知学泉大学・愛知学泉短期大学における活動指針の策定について

 新型コロナウイルスの感染については一旦収まったかと思いましたが、現在再び拡大してきています。
そこで、学生・教職員が感染状況に応じて適切かつ柔軟に対応活動できるように、愛知学泉大学・愛知学泉短期大学の活動指針を策定しました。本活動指針に基づいて行動していただくようお願いいたします。

本学の活動指針は、①感染状況カテゴリーと②活動レベルの明示から成り立っています。

①感染状況カテゴリーについて

現在本学が置かれている状況をマクロな観点から把握するために3つのカテゴリー(カテゴリーA:要注意、カテゴリーB:要警戒、カテゴリーC:危険)を設けました。

②活動レベルについて

それぞれの活動場面における活動レベルについては、活動場面を、【1. 教育(講義・演習・実験・実習・ゼミ等)、2.教員 教育・研究・校務活動、3. 事務業務(事務職員、助手、研究補助員)、4.会議、5.学生の入構制限、6.学外者の入構制限、7.図書館、8.課外活動、9.出張・旅行】の9つの区分に分類し、それぞれの活動場面における活動レベルを明記しました。

 感染状況は日々変化しています。そこで、本学ではその都度 感染状況の確認をし、感染状況が変われば上記の感染カテゴリー及びそれぞれの活動場面における活動レベルを変更します。
本学ウェブサイトを日々確認してください。
 学生・教職員(その他関係者)におかれましては、常にこの同一の活動指針に基づいた同一の行動を各部署において展開していただきますようお願いいたします。
 最後に、どんな場合でも「基礎・基本の徹底」が大事です。学生・教職員におかれましては、感染防止措置の徹底と新しい生活様式の徹底実施(日常生活における3密の回避、手洗い・マスク着用・咳エチケットの励行等々)をお願いします。 特に、飛沫が飛び交う近距離の会話・会食等は要注意行動です。感染防止・感染拡大防止の観点からこれらの行動の自粛をお願いします。

◆愛知学泉大学・愛知学泉短期大学における活動指針(PDF)

現在の愛知学泉大学・短期大学の感染状況カテゴリーと活動レベル

2020年9月10日~

感染状況カテゴリー【B】(要警戒)

  1. ① 感染の危険性はある
  2. ② ただし、緊急事態宣言対象地域に指定されておらず、国や自治体からの一斉休校要請がない。しかし、警戒が必要な場合。
  3. ③ キャンパス内で単発の感染者の発生がある場合
    (レベル2~3 目安)
種別 現在のレベル 概要
1.教育(講義・演習・実験・実習・ゼミ等)

【2】

①感染防止措置の上、講義・演習・実験・実習・ゼミ等の実施(教室は人数制限を実施する)
②非対面型授業も可とする

2. 教員 教育・研究・校務活動

【1】

感染防止措置の上、ほぼ通常通りの勤務

3. 事務業務(事務職員、助手、研究補助員)

【1】

感染防止措置の上、ほぼ通常通りの勤務

4. 会議

【2】

①感染防止措置の上、対面会議を行う
②メール会議、オンライン会議への移行も推奨

5. 学生の入構制限

【2】

①不必要な登校は控える
②施設使用は制限を設ける

6. 学外者の入構制限

【2】

①大学に用務がある場合のみ入構可
②感染リスクの高い地域からの来学は自粛要請

7. 図書館

【1】

①感染防止措置の上、利用可
②閲覧席等の利用制限あり

8. 課外活動

【2】

感染防止対策の徹底実施、新しい生活様式の徹底実践の上
活動は許可制

9. 出張・旅行

【2】

①感染流行地域への出張・旅行は許可制
②感染流行地域以外の出張・旅行は自粛