豊田市役所(消防)に内定しました

寺内 康造さん
現代マネジメント学部(岐阜県立岐阜農林高校出身)

Q.内定先を選んだ理由は?

A.中学校、高校で消防士の職業体験をする機会がありました。中学の時は「あんな風になってみたいけど自分には無理だな」と思っていましたが、高校生になり自分の体力や筋力もあがったことから「やってみたい」と思うように。自分の体を生かして人助けができる仕事に魅力を感じました。

Q.内定を獲得するまでに努力したことはありますか?

A.大学で行われていた「公務員対策講座」を受講しました。直接、専門の先生から教わることができ大変役に立ちました。それ以外に先輩からもらった公務員対策の問題集がたくさんあったので、それを活用しました。

Q.勉強のリズムは?

A.授業が週に2~3科目になった3年生の時に集中して行いました。クラブ活動も行っていたので「朝:自主練習 → 昼間:授業の空き時間に公務員の勉強 → 夕方:クラブ活動 → 夜:睡眠」という感じ。クラブが終わってからはヘトヘトで勉強できなかったので昼間に集中して勉強しました。

Q.大学で印象に残っている授業は?

A.「現代マネジメント実習」でホームレスの方の支援を行ったことです。なりたくてホームレスになったわけではなく、今でも仕事に就きたいと思っている人が多いこと、食事や生活サポートなど普段見えないところでいろんな人が支援していることを知りました。初めて近くでホームレスの方に接することでそれまで持っていたイメージが変わりました。

Q.大学で成長したことは?

A.メンタル面が強くなったと思います。所属した男子バスケットボール部では、副キャプテンをしていました。先生や先輩からたくさん指導を受けましたし、後輩一人ひとりのタイプを考えてアドバイスの仕方を変えたり、見えないところでフォローすることも覚えました。

Q.今後はどのように活躍したいですか?

A.自分がそうであったように子どもに憧れを持ってもらえるような消防士になりたいです。また仕事をしながらいろんなスポーツにも挑戦してみたいです!