インターンシップ先で多くを学び、就職も同社に決まりました。

足立 宙太郎さん
現代マネジメント学部(岡崎城西高等学校出身)

Q.足立君は、愛知トヨタに就職が決まったそうですが、この会社を志望したのはなぜですか。
3年の時にインターンシップで愛知トヨタにお世話になったのですが、その時の経験が大きいですね。インターンシップではベテランの営業さんと新人の営業さんに同行させてもらったのですが、とても勉強になりました。ベテランさんの、長年培ったお客さんとの信頼関係を見てさすがだなと思ったし、新人さんは前任者から顧客を400件引き継ぎ、なおかつ新規開拓もしなくてはいけないのでその大変さもわかりましたが、それでもやってみたいと思いました。

IMG_0265

Q.もともと営業職が希望だったのですか。
そうですね。実家が宝石店をやっていて、子供の頃から常連のお客さんと話すのが楽しかったので、人と関わる仕事はしたいと思っていました。さらに言えば、実は実家の店については経営的に右肩下がりになっているので、企業の営業のノウハウを学び「攻めの経営」をしたら、売り上げが上がるのではないかと思うようになり…。でもそう思ったのもインターンシップで愛知トヨタに行かせてもらってからですね。ショールームにお客さんが来るのを待っているだけではなく、こちらからどんどん仕掛けていく、そのやり方にすごく刺激を受けました。

Q.では入社が楽しみですね。
はい。純粋に営業の仕事をするのが楽しみですね。早く自分の力を試したいし、ちょっとだけ自信もあります。愛知トヨタでトップ営業マンになるのが目標です。

Q.愛知トヨタ以外にも採用試験は受けましたか。
はい。いくつか受けて内定ももらいました。ちなみに一番初めに受けたところは前知識なしで臨んだため失敗し、次からは受ける会社の歴史などを勉強し、自分なりにその会社のいいところを見つけて臨んだためよい結果をもらいました。企業研究は絶対したほうがいいですね。

IMG_9985

Q.その他、就職活動で気づいたことはありますか。
合同企業説明会はもちろん自分が気になっている企業のブースに行くと思いますが、企業の説明だけでなく「経営戦略」のような聞きごたえのある話をしているブースもあり、いろいろのぞいてみるといいと思います。

Q.ゼミの先生からは就職活動中、アドバイスをもらいましたか。
そうですね。相談をしたり後押しをしてもらいました。ゼミの飯田先生にはインターンシップ先にも来ていただき、企業の方に私のことをアピールしていただいたりとてもお世話になりました。飯田ゼミは先生も含め、仲のいいゼミですね。勉強や就活以外のこともいろいろと先生に報告します。自分は子供の頃から空手をやっているのでその話をよくします。先日私の所属している流派の全国大会で優勝し、その時の動画も先生に見てもらいました。この大学は規模が小さいですが、その分先生との距離も近いのでおすすめです!

image1 IMG_2549