学校栄養士に合格しました!

南 静渚 さん
家政学部 管理栄養士専攻(静岡県私立藤枝順心高校出身)

管理栄養士専攻では、栄養士、管理栄養士の国家試験受験資格、栄養教諭の免許・資格が取得できます。
そこで、今回は、採用試験に合格した学生に話を聞きました。

150-2-00726

Q:おめでとうございます。どこの学校栄養士に合格されましたか?
A: 静岡県の学校栄養士です。採用試験に向けて、大学での公務員対策講座や、模擬試験などに積極的に参加しました。また、先生方に対策のアドバイスをいただけ たこと、授業内での意見交換の場が多いことから、話す力、コミュニケーション能力が自然に身についたことなどがよかったかと思います。

Q:この進路を目指したきっかけを教えてください。
A: 高校では食物科(現在 調理栄養科)に通っていました。そこで学んだ「栄養学」にとても興味を抱き、もっと学びたいと思い、栄養士の免許が取れる愛知学泉 大学への進学を考えました。愛知学泉大学では、通常のカリキュラムに以外に「栄養に係る教育に関する科目」を余分に受講すれば、栄養教諭の免許も取得でき るので、とてもお得だと思いました。そして教育実習で、安城市の小学校に行かせていただきましたが、そこの子どもたちとの関わりがとても楽しくて「栄養教 諭」の道を確信しました。

Q:教育実習ではどうでしたか?
A:小学4年生に『食育』について指導しました。安城と いえば、「お米」ということで、お米を炊く前と、炊いた後ではどれくらいお米の量が違うかとか、ご飯をたくさん「噛む」と味がどのように変わるかなど、子 どもたちと一緒になって実験しました。その時の子どもたちの反応がすごく良かったことや、子どもたちの感想文には、私が伝えたい事がきちんと子どもたちに 伝わっていたことが記されていたことがとても嬉しかったです。

150-3-00726

Q:どんな学校栄養士になりたいですか?
A:静岡県の地域ごとの特徴を活かした「食育」を行い、静岡県を盛り上げ学校教育に貢献したいと思いっています。

Q:管理栄養士を目指している高校生の方にひとこと。
A:本気で目指しているのなら、しっかり管理栄養士について理解しておいたほうがいいですよ。調理が好きだけでは厳しいかもしれません。実際私も「臨床」の勉強はとても難しくて大変でしたから…(笑)

********************************************************************************

静岡県では、「学校栄養士」で採用され、3年後に「栄養教諭」の試験があるそうです。もちろん頑張り屋さんの彼女は「栄養教諭」になるため日々努力することでしょうね。
教員一家という環境に育った彼女。子どもたちに「食べることの大切さ!」をしっかり伝えてあげてください。また笑顔を絶やさない素敵な先生になってくださいね。