名古屋観光ホテルで、現代マネジメント実習の成果を発表しました。

11月2日(水)名古屋観光ホテルにて。「現代マネジメント実習」での成果を企業の方々の前で発表したときの様子です。

1つ目は堀田裕子先生のチーム。稲武で養蚕を広めようと活動している「いなぶまゆっこ」の方々との取り組みで、何度も現地に足を運び、現地の方と一緒にいろいろなことを考えてきました。まゆ細工をつくったり、販売したり、蚕の糸とり体験コーナーでお手伝いしたり、とにかく休む間もなく精力的に活動しました。その結果、一人一人の学びからそれぞれの個性が伝わる発表でした。

2つ目は濱本幸宏先生のチーム。学祭での模擬店をマネジメントしようという取り組みです。マネジメントやマーケティングで学んだ理論を模擬店出店に活かすというユニークな発想に加え、「自分たちに足りない能力、優れている能力」を冷静に分析しながら、実際のゼミでの話し合いや学祭での様子も紹介し、表現力豊かに発表してくれました。

どちらのチームの発表も企業の方々には大好評。「とにかくわかりやすい。元気よく発表してくれたのも良かった。」「昨年も見ているが今年はさらにレベルアップした。」「自分たちの成長過程を客観的に見ているところが面白い。」「みなさんにぜひ会社説明会に来てくださいとお話しました。」などなど…。愛知学泉大学がその育成に力を入れている「社会人基礎力」。実習によってどのように社会人基礎力が養われたか、自ら分析しているところもこの発表の特徴で、その点もみなさんに高く評価していただけたようです。

発表までの準備で連日忙しく、気持ちも張りつめていた学生達ですが、いい形で終えることができてみんなとてもいい笑顔。本当にお疲れ様でした!