旭実習でお祭りに参加しました

3年次で必修となる「現代マネジメント実習」では、マネジメント力、社会で生きていくために必要な力を養うため、様々な実習を学内外で行います。そのうちの一つ、今年の春から豊田市旭地区で行っているボランティアでは、竹林の整備や樹木の育成などを地元の方の指導のもと、お手伝いしてきました。

9月25日(日)は作業を一休みして、旭地区有間でのお祭りに参加。いつも以上に地元の方とたくさん触れ合い、お手伝いをし、子供達と遊び、笑顔の絶えない1日となりました。お祭りのクライマックスでは、学生と先生方がAKB48のダンスを披露し、こちらも大成功!地元の方も巻き込んで大盛り上がりでした!学生達はこの日、「多くの人に喜んでもらえた」「誰かと楽しさを共有できた」「自分の考えを伝えて共感してもらえた」という感覚を何度となく味わったはず。どの学生に聞いても「今日はとにかく楽しかった!」と目を輝かせて話してくれました。

この実習を当初から支えてくださった地元の代表の方からは「学泉の学生さんはみなさん明るくて素直。旭地区の活性化に力を貸していただきたいのはもちろんですが、我々も学生さんがこの実習で何かを見つけ、成長するお手伝いができたらと思います。」というお言葉をいただけました。
あと半年、旭地区の方々と学生の交流は続きますが、さらにどう学生達が変化していくのか、楽しみです。

※これまでの実習の様子と、お祭り当日の様子は、参加した学生のこちらのブログをご覧いただけるととてもよくわかります!