内定しました!(現代マネジメント学部)

現代マネジメント学部で、今年(2017年度)内定が決まったみなさんに、就職活動の様子や大学で頑張ったことを聞きました。(なお上の写真は今年の4年生を中心に集めたもので、コメントをいただいた方以外のものもありますのでご了承ください。)

 

スギ薬局
川﨑歩さん

愛知学泉大学では様々なことを経験しました。特に3年生の時に学泉祭実行委員会で「渉外局」の局長を務めたことは大きかったです。それまであまり人に頼らなかった私ですが、局長としての悩みを思い切って先輩に相談したらとても気持ちが楽になり、それ以来、自分らしく活動できるようになりました。学泉祭実行委員会では学外で協賛金を集める仕事をしていたので、将来はお客さんといい関係を築くことで成果を得られるような仕事に就きたいと思っていました。また、もともと化粧品が好きで、人に何かを勧めるなら化粧品がいいと思っていたので、「スギ薬局」のビューティーアドバイザーを志望し、このたび内定をいただきました。知らない土地で働いてみたいので転勤もOKだし、化粧品に関する企画もどんどん打ち出していきたいです。

 

豊川信用金庫
稲垣雄太さん

大学では、ボランティアサークルで子ども達と触れ合ったこと、また現代マネジメント実習という授業で豊田市旭地区の方々と共に活動したことが心に残っています。そのため就職するなら人と関わる仕事がしたい、そして地域に貢献したいという思いが生まれました。業務としてお客様との関わりが多い企業にいくつか挑戦したところ、豊川信用金庫から内定をいただき、お世話になることになりました。就職試験についてですが、私は筆記は得意でしたが面接は少し苦手でした。しかしいくつか経験するうちにコツがわかってきて、最終的には堂々とできるようになりました。失敗を恐れずに数多く挑戦することは大切だと思います。将来は今まで自分を支えてくれた多くの方々に恩返しができるよう頑張りたいです。

 

近畿日本鉄道
吉田悠人さん

子供の頃から鉄道に興味があり、特に運転士や車掌といった職種に関心がありました。近鉄の沿線に住んでいることもあり、通学や旅行で近鉄を利用し愛着がありました。また小学生の頃に沿線のツアーに参加し、特別に運転席で写真撮影をさせていただきとても嬉しかったのを覚えています。いつも親切な対応をしている姿を見て自分も近鉄で車掌、運転士を目指し成長したいと思い志望しました。大学の授業で特に役立ったのは「地域経済論」です。鉄道も地域と密接な関係があるために、企業研究をする際などに役に立ちました。また在学中、英語を身に付けるためカナダへ語学留学をしたことは大きな財産となりました。留学中は大学での課題が多く、プレゼンテーションもあり大変でしたが、英語が身に付き、各国の人と交流し色々な経験ができたことは自分にとって成長となりました。今後は、外国人観光客の方や旅行を目的とする方々への思い出作りの手助けとなる存在となれるよう努力していきたいです。

 

愛知県警察本部
藤原睦さん

子供の頃から白バイの運転手に憧れていたため、警察官を志望。大学では硬式野球部に所属し、常にチームのために力を注いできましたが、公務員試験に集中するために3年の秋に引退しようと決断。決断してからの日々は常に挑戦でした。引退する最後のリーグ戦では、チームを1部リーグに昇格させたいという思いで頑張りました。結果的に1部には上がれませんでしたが、やり切ったという気持ちと、その後の勉強への活力となりました。授業では、学外で地域の人々と活動する「現代マネジメント実習」で多くを学びました。就職活動の面接でこの話をしたところ良い反応をいただき、その後の質問にもスムーズに答えられるきっかけになりました。将来は野球部で経験した団体行動や責任感を活かして、正義感あふれる警察官になりたいと思います。

 

東海東京証券
半田玲夏さん

金融業界を目指した理由は、目に見えない商品を扱うからこそ、お客様に信頼されなければならず、そのために努力したい、成長したいと思ったからです。この会社を志望したきっかけはインターンシップ。先輩社員との座談会があり、そこで話すうちに自分が将来どうしたいか、何を求めているかが見えてきたんです。そして何よりその先輩方と一緒に働きたいと思えたことが志望の決め手となりました。またインターンシップでは、他大学の学生と出会い情報交換ができたこと、また人前で話すことに苦手意識があった私が、インターンシップ報告会などの機会を経験するうちに、緊張しつつもすらすらとプレゼンできるようになったことなど収穫が多いです。将来は結婚しても仕事を続けて子どもにカッコイイ!と言われるようになりたいです。

 

(株)サンエイ
久米博人さん

高校が理系だったため、機械関係の仕事がしたいと考え、幅広く事業を展開しているこの会社を志望しました。また高校、大学と剣道を頑張ってきた自分にとって、剣道の実業団チームを持っており活躍している会社であることも魅力の一つでした。就職活動は、就職課で面接の練習を何度もしていただきました。おかげで人事面接や役員面接で、トップの評価をいただきました。大学で挑戦したことは、電気工事士の資格取得に挑戦したこと。またPCの使い方、応用を学べた今枝ゼミでの時間が自分の成長につながりました。今は卒論に向けてプログラミングを作成しています。大学ではたくさんの人と出会い、助けられました。社会に出ても人との繋がりを大切にし、「久米なら任せられる」と言ってもらえるような人間になりたいです。

 

愛知県警察本部
堂森椋平さん

地域の治安を守りたいと思い、警察官を志望しました。市民の皆さんに信頼され、愛される警察官になりたいと思っています。公務員試験対策については、ゼミの先生である村林先生が作ってくださった対策プリントがとても役立ちました。大学で成長したことは、まず部活動において。剣道部の主将を務めさせていただいたので、一つ一つの行動に責任を持たなければと意識が変化しました。また授業においては「現代マネジメント実習」で多くを学びました。豊田市のボランティアの方々と鞍ヶ池公園の整備事業に携わったのですが、世代の違うボランティアの方と深く関わることで、コミュニケーション能力が身に付きました。警察官は多くの人々と関わりを持てる職業なので、これらの経験を活かしていきたいと思います。