可能性が広がる、稲武での現代マネジメント実習

今年も堀田裕子先生が担当する3年生の「現代マネジメント実習」では、豊田市の稲武地区の方々と一緒に、地域を活性化するお手伝いをしていきます。

堀田先生の実習ではこれまで、稲武で養蚕の良さを広めたいという「いなぶまゆっこ」の方々と一緒に、アイディアを出し合ったりイベントを盛り上げてきました。まゆっこさん達の優しさにも触れ、「力になってあげたい」という学生達の思いが上手く形になり、学生達の自信にもつながりました。
(去年の様子はこちら

もちろん引き続きこの活動は行われますが、今年度は「トヨタケ工業」というこちらも稲武の活性化に力を入れている地元企業さんの取り組みが、新たなキーワードとして学生に刺激を与えていきそうです。

03 02

トヨタケ工業さんは、稲武を拠点としてトヨタ自動車のクラウンなどのシートをつくっている会社。「若い人材を外から呼び込みたい」という思いがきっかけで、2015年「OPEN INABU」という事業を始めました。自社の工場を公開したり、移り住んでもらうための空き家を公開したり、コンサートを開いたり…。それらのイベントには多くの人が参加し、会社の存在も広く知られることになり、その結果、念願の採用者も増えたそうです。
(トヨタケ工業さんの取り組みはこちら。)

2016年からは、「住む」、「働く」、だけでなく「稲武で遊ぶ」ことにも重点を置き、「自転車で走れる林道を整備する」など、稲武の自然に興味を持ってくれた都市部の方々と一緒につくりあげるプロジェクト「INABU BASE PROJECT」を開始。会社の人材確保という目的を超えて、稲武を盛り上げるためにトヨタケ工業さん自らが発信基地となって進めています。

04 05

06 07

ひまわりネットワークによる放映

4月17日、そんなトヨタケ工業の横田社長に豊田キャンパスまで足を運んでいただき、学生達の前でお話していただきました。横田社長が次々と仕掛けるプロジェクトの話に熱心に聴き入り、「一個人、一企業からの発信でこんなにも輪が広がっていくものか」という驚きや、「自分たちも何か面白いことができるかも!」というワクワク感が生まれた時間でした。

08 09

10 11

12 13

今後の学生達の予定としては、5/21(日)に「歩かまい稲武」という稲武のイベントに参加することが決まっています。そこでは今までお世話になってきた「いなぶまゆっこ」の方々のお手伝いをしますが、OPEN INABUを運営されるトヨタケ工業の方々もいらっしゃるので、まゆっこさん、トヨタケ工業さん、学生達、の関わりから自然発生的に生まれる、新たな動きに注目したいと思います。

また夏には実際にINABU BASE PROJECTで進めている林道整備にも参加します。
今後も学生達の活動と成長を追っていきたいと思います!

14 15

16 17