キャリア設計1

「キャリア設計」は、自分の将来を考え、社会に出るための準備をする授業。
3年次以降は、具体的に就職活動に必要な知識やマナーを身に付けるなど、実践的な内容になっていきますが、今回は2年生の授業。この段階では、今の社会で必要とされている能力とは何かを学んだり、その上であらためて自分自身を見つめ直すなど「自分と社会」の関係を探っていきます。

caria01 caria02

今回の授業のテーマは「マーケティング」。経営学的な視点でマーケティングを学ぶ機会は「現代マネジメント学部」において何度となくありますが、ここではマーケティングの基礎を理解したうえで「自分ならどんな商品を提案、企画するか」というワークに入っていきます。

社会の問題や流行をふまえ、どんな商品がヒットするのかを実際に自分で考えるのはなかなか難しいもの。講師の今枝先生は、今までいくつかの企業で様々な経験をされてきたそうで、ここでは先生自身が提案された商品をいくつか紹介していただきました。

例えば子供向けの教材の企画。動物を無差別に傷つけるニュースが多かったことから『「いのちを育む」通信教材』という商品を思いついたそうです。具体的には、フリーズドライ化したメダカの卵を教材として送り、親子でメダカを一緒に育てて命の尊さを学ぶというもの。残念ながら実際には商品化されなかったようですが「こんな風に、ニュースからアイディアを得たり、自分の興味あることがきっかけで商品が生まれるんだ」ということが伝わり、学生にとってはいいヒントになったようです。「こんなアイディアはどう?」と周りの友達と話ながら、自由でユニークな発想がたくさん飛び出していました!

caria06 caria07

次回の授業では、それらをグループで検討し、発表。いかにヒットする商品を考え出せるか、という発想力も大切ですが、それをどうわかりやすく発表するか、グループで力を合わせるか、といった協調性やコミュニケーション能力も大切になってきます。

caria04 caria05

なりたい職業がはっきりしている人、まだ何をやりたいかわからない人、など、大学2年生の段階では就職に対する意識の高さも人それぞれ。ですがこのようなワークを繰り返すことで、自分の新たな一面を見つけることがあるかもしれません。「自分の将来を自分で設計する」ことができるように取り組んでいきます。