6/2(日)のオープンキャンパス。家政学部のミニ授業について。(終了しました)

6月2日(日)は第1回目のオープンキャンパスです。

愛知学泉大学 家政学部では、2020年4月より「管理栄養学科」「ライフスタイル学科」「こどもの生活学科」がスタートします。「新学科ではどんなことが学べるの?」「どんな進路を目指せるの?」など気になっている人はぜひお越しください!予約は不要です。


以下は6月2日の各学科のミニ授業の内容です。(11:00スタート)

★管理栄養学科(林明日香 准教授)
ソフト食を作ってみよう

嚥下(えんげ)調整食とは、「食べる事や飲み込み」に関して障がいを持たれている患者様に対し、食べる楽しみを持っていただくため、調理形態を工夫した食事です。今回は食塊の保持や送り込みの能力が少し可能な方のための食事を作ります。メニューは、マシュマロを使った「簡単ふわふわオレンジムース」です。患者様にとって訓練性の高い食べ物を安全に食べられるよう、工夫次第でできることを学びましょう。

 
※写真は昨年のミニ授業より。

★管理栄養学科(外城寿哉 准教授)
魚沼コシヒカリだけじゃなかった!地域ブランド米食べ比べ

近年、全国各地で県独自に開発された地域ブランド米の生産が盛んです。このミニ授業では、一般には手に入りにくい地域ブランド米を4種類集め、それらの誕生エピソードを紹介して、お米を食べ比べてみます。管理栄養士をめざす方には、いろんな「食べ物」に興味を持つことの大切さを学んでいただきます。

 
※写真は昨年のミニ授業より。

★ライフスタイル学科(相原英孝 教授)
スイーツの新商品を考えよう

ユニークなデザートについて、アイデアを出しながら商品開発を行います。コンビニスイーツの開発を手がける卒業生や、「スタジオ」というプロジェクトで和菓子の開発に取り組んだ学生たちと一緒に、みなさんも商品開発に挑戦しましょう。

 
※写真は家政学専攻の授業より。

★こどもの生活学科(神谷裕子 講師)
環境にやさしい幼児工作!

保育士、幼稚園教諭、小学校低学年(生活科)の担任になった時に役立つ、環境を大切にするという意識と子どもの創造力を伸ばす「リサイクル工作」(おもちゃ作り)を行います。学生が授業で制作した作品を紹介した後、制作活動を行います。幼児を楽しませることのできるおもちゃを一緒に作りませんか?

 
※写真はこどもの生活専攻の授業より。


ミニ授業以外にも、個別相談のコーナー、入試や就職の説明、毎年大好評の大学生が案内するキャンパスツアー、学食でのランチ体験、抽選会、などなど盛りだくさんの企画を用意しています。

※管理栄養学科の「AO入試」にエントリーする場合は、ミニ授業に参加して「授業レポート」を提出していただきます。

※名古屋駅、浜松駅からのバスは予約が必要となりますのでこちらからお申込みください。