氏名

谷村 和秀(たにむら かずひで)

経歴

1979(昭和54)年 滋賀県蒲生郡竜王町に生まれる
中学校の時のボランティア等がきっかけで、福祉マンになることを決意する
高等学校:滋賀県立長浜高等学校福祉科(現:長浜北星高等学校総合学科総合学科福祉系列)で介護福祉について学ぶ
    (介護福祉士国家試験の受験資格を得るが、諸事情により国家資格取得は大学3年生)
大  学:中部学院大学人間福祉学部人間福祉学科で社会福祉について学ぶ
    (社会福祉士国家試験の受験資格を得て、国家資格を取得する)
大 学 院:中部学院大学人間福祉学研究科(修士課程)で、福祉を追究する
    (特に「障害のある子どもの放課後 · 休日」について」深める)
その後、福祉系の専門学校に8年間勤める
    (社会福祉士養成施設3年、介護福祉士養成施設5年)
平成25年4月より、愛知学泉短期大学幼児教育学科に赴任する

担当授業科目

幼児教育学科:児童家庭福祉、社会的養護、社会的養護内容、相談援助、施設実習Ⅰ
       教養ゼミナール、幼児学ゼミナールⅠ · Ⅱ、こどもまつり
こどもの生活専攻:児童家庭福祉

研究活動

<テーマ>
「障害のある子どもの放課後 · 休日に関する研究」
障害のある子どもが放課後 · 休日の生活実態を踏まえたうえで、今後の方策を考えています。
※現在、上記以外にも構想テーマあります。(また、テーマが固まったら掲載します。)

教育活動

など

社会活動

など

みなさんへのメッセージ

 「ふ · く · し」の目標とは、簡単にいうと 「ふつうの · くらしを · しあわせにする」ということです。 つまり「福祉」とは、生活をしっかり整えるということであります。それを、実証しているのは、 F.ナイチンゲールであります。彼女の著書である『看護の覚え書き』の中に、 「暖かい部屋、清潔な衣服、新鮮な食べ物」を看護の基本と書いてあります。 それが、看護から介護福祉へ広まっています。これは、生活環境をしっかり整えることが「しわわせ」につながると考えます。 だから、保育者は子どもの「しあわせ」のために学び · 働くのです。
 子どもが「しあわせ」な人生が送れる、お手伝いをしてみませんか??


お問い合わせ