氏名

清原 みさ子(きよはら みさこ)

担当科目

教育原理、保育原理、子どもと学習活動、保育内容(人間関係)、
教育実習事前 · 事後指導、保育 · 教職実践演習   ほか

研究活動

[研究分野] 教育学(幼児教育 · 保育史)

[所属学会]
 日本教育学会、日本保育学会、教育目標 · 評価学会
 日本ペスタロッチー · フレーベル学会、幼児教育史学会、中部教育学会

[主な著書]
(単著)
1. 手技の歴史 フレーベルの「恩物」と「作業」の受容と、その後の理論的実践的展開
 平成26年4月 新読書社
(共著)
1. Friedrich FrÖbel Aspekte International Vergleichender Historiographie
 1999Deutscher Studien Verlag
2. 女子学生の職業意識 平成12年10月 勁草書房
3. あしたの子ども 平成14年6月 新読社
4. 戦後保育の実際 平成15年3月 新読書社
5. 教職入門ガイドブック(改訂新版) 平成19年5月 理想書林
6. 女性校長のキャリア形成 平成21年3月 尚学社
7. 保育実践のまなざし 戦後保育実践記録の60年 平成22年6月 かもがわ出版
8. 確かな感性と認識を育てる保育〜自分の目で確かめ、みんなで考える〜
 平成23年6月 新読書社

 そのほか、共著7冊、学術論文(単著)63、(共同)6

教育活動

1973年以降、保育者(幼 · 保)や教員(小 · 中 · 高)の養成にかかわってきた。
教え子の中には、すでに定年退職した人もいる。昨年度には、保養協から永年勤続表彰を受けた。

その他の活動

愛知県教育免許法認定講習講師、日本学術振興会審査委員、研修会講師  など


お問い合わせ