氏名

石川博章(いしかわ ひろあき) 教授 教育学修士


担当科目

保育内容(表現)、造形Ⅱ、造形Ⅲ、幼児学ゼミナールⅠ·Ⅱなど


幼児教育学科の学生と作る絵本とカード集

毎年、学生の原画を使って絵本やカード集を出版し、幼稚園や保育園に差し上げています。

『おてんきの本』(平成8年)
『絵本土人形』(平成10年)
『現代疱瘡絵本』(平成11年)
『このマルなあに?』(平成12年)
『やさいくだものカード』(平成15年)
『かずのカード』(平成16年)
『まるカード@』(平成17年)
『まるカードAのりもの』(平成18年)
『まるカードBじんぶつ』(平成19年)
『まるカードCむし』(平成20年)
『まるカードDせいかつ』(平成21年)

『まるカードEはな』(平成22年)
『まるカードFかず』(平成23年)
『まるカードGうみのいきもの』(平成24年)
『まるカードHぎょうじ』(平成25年)
『まるカードIみのまわりのもの』(平成26年)
『まるカードJがっき』(平成27年)
『まるカードKしょくじ』(平成28年)
『まるカードLおやつ』(平成29年)
『まるカードMキッチンようひん』(平成30年)
☆毎年新シリーズを制作しています


主な研究活動

1. 保育者養成(造形)、こどもの造形
 ・『保育内容シリーズ 造形表現』 一藝社 2018(共著)
 ・『幼児造形の研究 保育内容「造形表現」』 萌文書林 2014(共著)
 ・『すべての感覚を駆使してわかる乳幼児の造形表現』 保育出版社 2011(共著)
 ・『子どもの表現力をグングン引き出す造形活動ハンドブック』 明治図書 2010(共著)
 ・『素材>学年>時間>動詞で検索する造形教材』 愛知教育大学出版会 2008(共著)
 ・『幼児の創造力育成推進事業実践事例集』 愛知県 2007(共著)
 ・『保育内容 造形表現の探究』 相川書房 1997(共著)

 ・「学生が原画を描くカード集 ―保育現場で使ってもらう『まるカード』出版の試みー」
  全国保育士養成協議会第50回研究大会『研究論文集』 2011
 ・「実践報告:幼児教育学科における「保育内容と指導法の総合演習」
  ―こどもまつりを通した保育実践力の育成―」『愛知学泉大学・短期大学紀要第41号』 2006
 ・「幼児教育科における美術部の活動 その1
  ――学外での造形教室「あそびの学校」の実践――」『愛知学泉大学研究論集第37号』 2002

 ☆月刊新聞『げんきっ子』(岡崎市保育園連絡協議会)に記事を隔月で連載中
  (平成30年3月末で38回)
  過去の掲載記事(PDF) : 記事1記事2記事3記事4


2.藤井達吉
 ・『藤井達吉研究資料集成 しこくささきぬ』 人間社」 2017(単著)
 ・「藤井達吉と傘松供養」 愛知学泉大学・短期大学紀要 第51号 2016
 ・「藤井達吉のイマジュリィ(大衆的複製図像)」 『岡崎学』 2012
 ・「藤井達吉の手紙 ――石川利一にあてた62通―― その1〜5」
   『愛知学泉大学・短期大学紀要第35〜42号』 2000〜2007
 ・「藤井達吉と『アヲミ』」 愛知学泉大学・短期大学紀要 第40号 2005
 ・「藤井達吉作品紹介1〜10」 『碧南藤井達吉芸術文化現代』 2〜11号 2002〜2007

3.制作活動
 ・個展、グループ展38回開催
 ・彫刻シンポジウム4回参加
 ・グラフィックデザイン など


社会活動

高浜市やきものの里かわら美術館運営審議会委員
所属学会(美術科教育学会、日本保育学会、ものづくり教育会議、大正イマジュリ学会)
子ども造形講座、市民講座、園での講習会、社会教育研修会の講師 など