氏名

長谷川 えり子(はせがわ えりこ)


研究紹介

@多様化が進む現代ファッションの中で、色、形、素材の3要素から被服をとらえ、人とファッションの関わりについて研究しています。
Aビーズステッチワーク、ジュエルデコレなどの手法を用いたファッションアクセサリーのデザインと制作方法を研究しています。 さらには、ファッショントレンドに合わせたアクセサリーのコーディネートを提案しています。

担当科目

・ファッション情報分析 ・ファッションアクセサリーズ  ・ショッププロデュース
・アパレル商品論    ・CGとファッション      ・アパレルCAD

教育 · 社会活動

@なごやKAWAIIファッションショー出展
2014年5月に名古屋で開催されたファッションショーでは、地元岡崎のキャラクター「オカザえもん」の衣裳を提案し出展しました。 また、マーチングバンドの衣裳コーディネートも担当し、楽器のイメージに合わせてKAWAIIスタイルのコーディネートも担当しました。


Aカントリーフェスタおかざき出店
ゼミ生たちと一緒にアクセサリーショップの出店を毎年行っています。自分たちでデザイン、制作したアクセサリーを店頭一面に並べて、地域の方々に販売提供しています。


B卒業制作ファッションショー開催
毎年、2月にファッションショーを開催しています。出演する学生たちは、テーマに合わせて、衣裳をデザイン、制作し、モデルとして出演します。 2年間の集大成として制作した作品を発表するステージを全員で協力し、毎年感動的なショーを創り上げています。

C全国手芸グランプリ実行委員
高齢者施設利用者、東日本大震災被災者を対象とした手芸グランプリの実行委員、審査員を担当しています。 手芸を通して、生きる喜びを感じ、キラっと輝く糸口を見出してほしいと願っています。

D「内藤ルネ展」作品出展
岡崎市出身のデザイナー内藤ルネの作品を復元し、全国の美術館を巡回した「内藤ルネ展」に出品しました。

Eユニバーサルファッションに関する活動
「シルバーファッションショー」高齢者用衣裳の制作指導を行い開催しました。 「交通安全のためのファッションの提案」愛知県警交通安全イベントに参加しました。

F東日本被災地支援活動
「笑顔の花を咲かよう!」アクセサリー作りを通して幼児との交流、アロマハンドマッサージを通して高齢者との交流をはかりました。


著書、論文、学会発表

「Fashion Creation」(1998)

[最近の論文]
「ファッションビジネスプロジェクトマネジメント」(2012)
「被災地支援活動を通して育成された社会人基礎力」(2013)

[最近の学会発表]
「ゆるキャラマスコットにおけるコスチュームの提案と効果」
 ファッションビジネス学会2014全国大会
「短大生によるファッションビジネスプロジェクトマネジメント」
 日本繊維製品消費科学会 2013年次大会


所属学会

ファッションビジネス学会、日本家政学会、日本繊維製品消費科学会
日本手芸学会、名古屋ファッション協会


その他(メッセージ)

 ファッションは時代とともに変化し、次々に新しいトレンドが出現し、私たちを楽しませてくれます。ファッションを学ぶためには、クリエイティブな感性が要求されますので、好奇心旺盛の人にはとっても楽しい分野でしょう。ファッションに興味がある皆さん、もっともっとファッションが大好きになるために私達と一緒にこの短大で勉強しましょう。